close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

経営ビジョン

2019年8月29日(木)更新

「経営ビジョン」とは、企業における将来のあるべき姿や将来像を明文化したもの。企業が掲げる「経営理念」を実現するために、より具体的な方針を指し示すもので、組織の一体感を醸成したり、時には従業員の行動規範や判断基準にもなる、重要な役割があります。今回は、この経営ビジョンについて、混同されがちな「経営理念」等との違い、策定するメリットや具体的な作り方、さらに実際の企業の事例まで幅広くご紹介します。

経営ビジョンとは

そもそも「ビジョン」とは、「将来のあるべき姿を描いたもの/将来の見通し/構想/未来図/未来像」という意味を持つ言葉。これを企業の経営目線で策定したのが「経営ビジョン」です。

具体的には、企業理念や企業の目的を実現するため、長期的なスパンで企業が将来「どうあるべきか」を示すもの。経営理念と並行して恒常的に掲げられるものや、「2020年までの長期経営ビジョン」など期間を限定して描かれるものなど、企業によりそのスタイルは様々です。

経営ビジョンを策定する目的は、経営理念実現のためだけでなく、これを従業員に浸透させ将来像を明確化する事により、求心力を保つこと。そして、顧客や株主、社会に向けて将来像を公表する事により、信頼感を醸成するなどの目的があります。

ビジョンの策定や、それを社内外に浸透させる等の一連の工程を「ビジョンマネジメント」と呼ぶ事もあります。

【出典】コトバンク「ビジョン」

経営理念との違い

「経営理念」とは、その企業の経営に関する基本的な「考え方」や「価値観」のこと。その企業の存在意義や、経営の目的などを言葉で表したものです。この指針がある事により、従業員の行動の判断基準となったり、対外的にも企業の姿勢を表す重要な役割を果たします。

例えば、これまで創業者 稲盛和夫氏の経営手腕などについても注目されてきた、自動車部品・半導体大手「京セラ」では、経営理念を「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」としています。同社で働く人材の幸福と、社会貢献のために企業を運営している事が誰にでも理解できるものであり、社内外共に信頼感を醸成できる内容となっています。

一方「経営ビジョン」は、その経営理念に基づいて、より具体的な今後の方針を描きます。つまり、「経営理念」は「経営ビジョン」の母体となるものです。そして、そのビジョンを実現するため、さらに経営計画や戦略、目標などの具体策が立案・実行される事により、企業の経済活動は営まれています。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む