はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年10月23日(火)更新

7S

「7S分析」とは、世界的コンサル会社・マッキンゼーが提唱した、企業の構成要素である「S」の頭文字を持つ7つの要素を分析し、客観的に自社の立ち位置を診断する手法のことを言います。変化の激しいビジネス界において、より自社を飛躍させ、他社との優位性を更に高めるために欠かせない「7S分析」について、詳しくご説明します。

7S に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

7S分析とは?

7S分析とは、企業を構成する組織構造(Structure)・システム(System)・戦略(Strategy)・スキル(Skill)・スタッフ/人材(Staff)・スタイル(Style)・共通の価値観(Shared value)という7つの要素(フレームワーク)を可視化して分析する手法をいいます。

この手法は世界的なコンサルティング会社である、マッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱したものであり、企業価値を上げる為には、この7つの各要素を高め補完し合いながら戦略を考え実行する必要があります。尚、この7つの要素は更に2つに分類され、組織構造・システム・戦略は「ハードの3S」、スキル・スタッフ/人材・スタイル・共通の価値観は「ソフトの4S」と呼ばれています。

【出典】7Sとは何か?マッキンゼー発案、企業や組織の「変われない問題」の特効薬を知る/ビジネス+IT

「ハードのS」とは?

「7S分析」の中の「ハードのS」と呼ばれる、組織構造・システム・戦略について詳しく見ていきましょう。このハードのSは組織の構造に関するものであり、短期間に変更可能で経営者がコントロールしやすいという特徴があります。

組織構造(Structure)

可視化された企業の組織形態(事業部制や機能・職能別組織など)、上司と部下の関係、指揮命令系統の構造、コミュニケーション手法などを分析します。

システム(System)

管理・情報システムなどの体系や有効性を個々に分析します。たとえば、人事評価や給与制度・業績評価・採用や人材育成の仕組み・情報伝達方法・会計制度・経営管理・情報管理(含:デジタル化した書類の管理)・顧客情報管理・社内カメラなどが該当します。

戦略(Strategy)

経営資源の配分や戦略上の優先順位の決定など、他社に勝つための事業の方向性を明確にし、事業の強みを強化する経営戦略を分析します。また戦略変更が必要になる可能性についても分析します。

ソフトのSとは?

「7S分析」の中の「ソフトのS」と呼ばれる、スキル・スタッフ/人材・スタイル・共通の価値観について詳しく見ていきましょう。このソフトのSは人、つまりその会社で働くスタッフによって形成されるものであるため、経営者が簡単に変更やコントロールがしにくく、変更できるとしても大変時間が掛かるという特徴があります。

スキル(Skill)

販売力やマーケティング力、独自の技術力など、社員や組織が持つ他社との競争優位性がある能力を分析します。また、自社に不足しているスキルや他社に遜色がないものの、更に向上すべきスキルがあるかどうかも分析します。また、スキルアップのための社外研修(グロービスなど)が自社にとって有効か否かなども分析します。

スタッフ/人材(Staff)

リーダーシップのあり方、人事部における採用や人材マネジメントの方法、人材育成の現状と有効性、またスタッフの仕事に対するモチベーションの高低や管理体系などを分析します。

スタイル(Style)

企業の持つ社風や組織文化、行動規範や経営スタイルをいいます。また事業方針の意思決定の方法(トップダウン型かボトムアップ型か)なども分析します。

共通の価値観(Shared value)

会社の経営理念や社員で共通認識を持つ価値観を分析します。また、経営陣とスタッフの間での共通の価値観に乖離があるかなども分析します。

ハードのSとソフトのSの関連性とは?

ハードのSとソフトのSの関連性を考えるうえで、まず、先の図表を再度確認しましょう。このハードのSとソフトのSを合わせた7つの要素は、どれもが企業が抱える課題になりえるため起点は存在せず、どの要素もフラットな関係といえます。(但し「共通の価値観」は企業の根幹となる基礎的な概念ですので、中央に描かれています。)

更に図表を確認すると、それぞれの要素同士が線で繋がっていますが、これは問題だと特定された要素だけを対処するのではなく、その問題と特定された要素と線で繋がった他の要素も対処する必要があることを示しています。

たとえば、「作れば売れる」時代から「良いものでもニーズがなければ売れない」時代というように、ビジネスにおける外部環境が変化した場合を考えてみましょう。ハードのSである組織構造や企画販売戦略などを変更する必要があることは当然ですが、ソフトのSであるスキル(マーケティング力など)や人材、共通の価値観といった抜本的な改革を行わなければ、変化の激しいビジネス界で生き残ることは容易ではありません。

つまり、ハードのSおよびソフトのSは共に企業を支える両輪であり、それらの関係性を無視した企業改革はむしろマイナスであり、そのために90%の企業改革が失敗に終わってしまうという事例の典型的な原因ともいえるでしょう。

重要なSとは?

一時期、多くの企業で流行した「トヨタかんばん方式(以下、トヨタ方式)」をご存じでしょうか?トヨタ方式はその可視化されシステム化された手法により、新車発売日には美しく高性能の車を発表して着々と利益を上げ続けていることから、多くの企業で導入され実践されました。

しかし、残念ながらこの手法を取り入れた企業の多くは、トヨタのようにはいかず、改革はとん挫或いは失敗に終わりました。多くの企業は、なぜトヨタ方式がうまく機能しなかったのでしょう?その理由の1つとして、「7Sでいうところの『ハードのS』の改革のみに邁進し、『ソフトのS』を軽んじたから」と分析されています。

トヨタ方式がトヨタで成功した理由の1つは、まずソフトのSともいえるトヨタの創業の精神「トヨタ綱領」という「共通の価値観(研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし)」があり、そのうえでのハードのSともいえる「トヨタ方式」があったからです。トヨタはこのハードとソフトの両輪を上手く回しつつ、更に「トヨタ方式」や社内システムも社員自らの手で常にアップデートされ続けていくというプラスの循環に入ったからこそ成功した、といっても過言ではありません。

【参照】TOYOTA「企業理念」より

にもかかわらず、他の企業が分かりやすい「トヨタ方式」の一部のみ真似しても、全く効果がないことは火を見るよりも明らかで、まさに「仏作って魂入れず」の言葉通りといえます。

この事例からも読み取れるように、ハードのSはある意味その気があればすぐに変更可能ですが、ソフトのSは長年培われた社風やスタッフの心意気というような「精神」を抜本的に変えなければならないため、非常に時間や労力が掛かります。しかし、このソフトのSこそ、本当は企業にとって一番重要であり、また改善が必要な企業が多いのではないでしょうか。

まとめ

  • 変化の激しいビジネス界では、時代を見据えながら常に自社の持つハード・ソフトの両方のSを変革していかねば生き残ることはできません。
  • ハードのSは着手しやすいため、ついハードのSだけという近視眼的な組織変革で満足しがちです。しかし、ソフトのSという企業の根幹への抜本的な改革がなければ、本当の意味での企業変革は不可能です。
  • 自社の更なる飛躍には何が不足し、今後どう改善すべきかを分析するためにも、7S分析を活用してみてはいかがでしょう。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計60,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 厳選されたビジネス事例が毎日届く
  • BizHint 限定公開の記事を読める
  • 実務に役立つイベントに申し込める
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

チーム・組織開発の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次