close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

経営分析

2019年3月1日(金)更新

事業を行っていると売上高や利益、資産や負債といった様々な数値情報をもって会社の業績を判断するために経営分析を行うことが多くあります。今回はこのような数値情報を利用し経営状況を分析する方法を紹介していきます。

経営分析とは

経営分析とは、損益計算書貸借対照表などの決算書に記載されている数値情報を利用して、会社の置かれている状況を「収益性」、「安全性」、「生産性」そして「成長性」の面から判断することをいいます。

経営分析が重要である理由

経営分析で用いられる指標は、企業の状況を数値で表してくれるため、経営成績や財政状態を把握するのに非常に役立ちます。

加えて、定期的に数値の推移を観察することで、会社の業績が改善しているのか、又は悪化しているのかを判断できるため、悪化している場合は早期に対応策を講じることができます。

この意味で、経営分析はいわば会社の健康状態をチェックするための「健康診断ツール」として重要視されています。

経営分析の方法と見るべき指標

【図表1】経営分析の体系図

経営分析に用いられる指標の体系図は【図表1】のようになっています。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む