はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年10月11日(木)更新

グローカリゼーション

人口減少や少子高齢化の問題を抱えている日本企業にとって、海外に活路を見出すことはもはや常套の経営戦略といえます。海外で販路の拡大や生産拠点の構築を果たすには、グローカリゼーション(グローカル化)が欠かせません。今回はグローカリゼーション(グローカル化)の概念やメリット・デメリット、事例や導入方法、課題を合わせて、ご紹介いたします。

グローカリゼーション に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

グローカリゼーションとは?

グローカリゼーション(グローカル化)を理解するにグローバリゼーション(グローバル化)とローカライゼーション(ローカル化)の二つの概念を理解する必要があります。また、グローバリゼーション(グローバル化)が抱える矛盾を知ることで、グローカリゼーションの必要性を理解することができます。

グローカリゼーションの概念

グローカリゼーション(グローカル化)とは、社会的・経済的関連である資本や情報が国家という枠組みを超えて、地球規模でやり取りされる現象であるグローバリゼーション(グローバル化)と、地域の言語、法令、慣習に合わせた展開を重視する地域限定化の用語であるローカライゼーション(ローカル化)を合わせた造語です。主に民間企業が海外進出を手掛ける際に、世界規模で物事を考えながら、地域文化に根付いた経済活動を行なうことを指します。

世界中に支社を展開するグローバル企業にとっては、世界共通の商品・サービスの提供とともに、地域文化に合った商品化が常識とされています。人口減少社会、少子高齢化社会に突入した日本社会の中で、働き手不足や内需の減少に苦しむ日本企業にとっても、グローカリゼーション(グローカル化)を前提にした海外進出は重要な経営戦略の一つです。

また、近年では政情不安定やテロリズム、気候変動などのカントリーリスク、為替レート、金利などの市場リスク、原材料費の高騰や人材確保の困難など、グローカリゼーション(グローカル化)特有のリスクも指摘されています。さらにグローカリゼーション(グローカル化)に代わる成功事例として、現地に研究開発拠点を設け、新たな発想や技術革新を得るリバース・イノベーションも注目されています。

マクドナルドにおけるグローカリゼーション

ハンバーガーフランチャイズ大手のマクドナルドは、グローカリゼーション(グローカル化)の成功例としてよく取り上げられます。創業者のレイ・クロックはフライドポテトの味をそのまま提供できるフランチャイズシステムを生み出し、マクドナルドを世界中に展開したことで知られる人物です。

その後、マクドナルドは世界共通の商品の提供だけでなく、地域に密着した商品化を実現しており、日本ではテリヤキマックバーガー、タイではスパイシーナムトックバーガーが提供されています。このマクドナルドの世界展開はグローカリゼーション(グローカル化)の成功例として紹介されます。

グローバリゼーションが生んだローカライゼーション

「世界普遍化」とも言われるグローバリゼーション(グローバル化)は、人類学・文化人類学の研究分野であった未開社会を滅ぼしたといわれています。これは、グローバリゼーションによる市場経済化の進展や移民による民族の受け入れが広がったことで、自国の民族文化や文化伝承が淘汰されたからと考えられています。しかし、実際には、外来文化は現地の文化の影響を受け、翻訳的適応の過程を経て、存在していると指摘されています。

これらの研究は、国立民族博物館が発表した「中国における社会と文化の再構築―グローカリゼーションの視点から」という共同研究による研究成果(「中国のグローカル化」、「政府主導のナショナルとローカル文化の再構築」、「企業・個人主導のグローバル化とローカル化」)でも明らかになっています。この研究は、今後も地域の研究者の参加を促し、グローカル化と文化伝承の関連性を探る国際的共同研究を展開する予定です。このように、社会的、文化的、経済的な項目でグローバリゼーションが展開されれば、ローカライゼーションが生じ、適応されていくと考えられています。

【参考】国立民族博物館 中国における社会と文化の再構築―グローカリゼーションの視点から

グローバリゼーションが抱える矛盾

グローバリゼーション(グローバル化)は国境や民族という枠組みを越えて、社会的・経済的に結びつく画期的な現象です。特に高い技術力を有する先進国企業が諸外国に自社の商品やサービスを展開する場合、自国と同様の品質担保は、国際競争間で優位に立つための最良手段といえます。日本を代表する自動車メーカーのTOYOTAは、生産拠点を現地化する一方、全世界どこで作ってもTOYOTAが定めるグローバル品質を担保する取り組みを常に実施しています。

しかし、商品やサービスの内容や品質を、自国が定める基準に設定することが得策であるとは限りません。例えば、世界最大のネットオークションサイト「eBay」は日本や中国で存在感を示しておらず、自国発のネットオークションやフリマアプリが現地の市場を押えています。また、グローバリゼーション(グローバル化)は外資の資本を受け入れることであり、現地にとっては文化的・資本的侵略という側面があります。そのため、自社の商品やサービスを提供する際は現地のニーズを把握し、消費者の心を捉えなければ、現地に根付かせることが難しいとされています。

このように、グローバリゼーション(グローバル化)は「普遍的」な現象であると同時に、地域に沿った限定的な要素を取り入れなければ、浸透させにくいという矛盾が見られます。そのため、普遍的な要素と(地域)限定的な要素を掛け合わせた造語であるグローカリゼーション(グローカル化)に注目が集まるようになったと考えられます。

【参考】TOYOTA モノづくりのグローバル化と現地化 「Made by TOYOTA」-グローバルでの品質確保- を目指して

日本におけるグローカリゼーションの事例とは?

世界第三位の経済大国である日本は、製造業を中心に海外進出を果たしています。しかし、日本には供給する側だけでなく、受給側としての事例も存在します。グローカリゼーション(グローカル化)における日本の供給と受給、それぞれの事例をご紹介いたします。

日本音楽市場におけるK-POPの浸透

2000年代に日本の音楽市場に参入したK-POPは、現在でも高い人気を誇る音楽コンテンツの一つです。2004年2月に韓国でデビューし、絶大な人気を誇っていた東方神起は、韓国のグローカリゼーション(グローカル化)の成功事例といえます。

日本の音楽市場では、既に女性人気が高いアーティストが数多くデビューしており、海外アーティストにとって、参入障壁の高い市場とされていました。そこで、東方神起は日本向けのアーティスト名、日本の音楽レーベル(エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社)との契約、日本向けの歌などの下準備を行い、新人アーティストという立ち位置で2005年4月に日本デビューを果たします。

その結果、グローカリゼーションされたパフォーマンスが功を奏し、2013年には5大ドームツアーを実施、3年間で海外アーティストとしては初の史上最多、最速の観客200万人の動員を果たすまでになりました。しかし、近年の日韓関係の悪化により、2011年年間シングル推定売上枚数が209万枚だったK-POPは、わずか2年後に144万枚までに減少しています。

K-POPに関してもカントリーリスク(政治的・社会的要因)に左右されやすいグローカリゼーション(もしくはグローバリゼーション)のデメリットが影響したと考えられます。

【参考】大阪大学学術情報庫 ポップカルチャーを通してみるグローカリゼーションの双方向性
【参考】経済産業省 平成 27 年度 新興国市場開拓等事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業 (ASEAN 諸国:コンテンツ市場調査)報告書3.2.3 K-POP の日本国内 CD 売上推移
【参考】東方神起 オフィシャルウェブサイト

韓国における日本アニメ・漫画のグローカリゼーション

戦後、韓国では戦前の歴史が影響し、日本の大衆文化の流入を禁じられていました。そのため、1998年の「日本の大衆文化開放」まで、韓国では日本のアニメや漫画のタイトルやキャラクター名、歌なども韓国語に変換し、提供されていました。その結果、日本の文化コンテンツという認識が薄まり、市場に浸透することに成功しました。

その後、「日本の大衆文化開放」により、日本文化に対する認識に変化が表れ、日本のタイトルやキャラクター名を直訳したコンテンツの普及が広がっています。

【参考】大阪大学学術情報庫 ポップカルチャーを通してみるグローカリゼーションの双方向性

グローカリゼーションによるポケットモンスターの世界的普及

世界93の国と地域で高い人気を誇る人気ゲーム「ポケットモンスター」はシアトル、ロンドン、ソウルに拠点を置き、ブランドマネジメントと地域に根ざした顧客アプローチを展開しています。提供する国の言語、文化に合わせたゲームやアニメ、商品のローカライズに取り組むだけでなく、さまざまな国や地域の方が触れても、違和感のない表現や仕様を徹底的に実現しています。

【参考】株式会社ポケモン 海外事業
【参考】大阪大学学術情報庫 ポップカルチャーを通してみるグローカリゼーションの双方向性

ヤマトHDのドミナント政策

日本の物流大手のヤマトホールディングスでは、北米、欧州、アジアに143の事業所を展開しています。特にアジア圏は将来的に経済格差が減少すると考え、宅配便事業を中心にドミナント政策(地域を絞って、集中的に出店する経営戦略)を実施し、現地のニーズに合わせた流通サービスを提供しています。

【参考】ヤマトホールディングス ヤマトグループの事業概要 海外への事業展開

グローカリゼーションのメリット・デメリットとは?

グローカリゼーション(グローカル化)にはメリットとデメリットが存在しているため、どちらも理解した上で海外進出を手掛ける必要があります。

グローカリゼーションのメリット

グローカリゼーション(グローカル化)のメリットは以下の項目が考えられます。

■生産コストの削減

発展途上国の人件費は先進国に比べても安い傾向にあるため、生産コストを削減することができます。そのため、海外で生産した商品やサービスを自国に輸入することで、国内において、リーズナブルな値段での提供が可能となります。

■生産性の向上

資本や技術、経営ノウハウを発展途上国に提供することで、途上国の生産性を劇的に向上させることができます。また、途上国の生産性を向上させることは世界の生産性を向上させることになるため、世界規模で経済活動の活性化につなげることができます。

■新たな消費者市場の開拓

人口減少社会、少子高齢化に突入している日本では、新たな消費者市場を開拓するのは困難です。しかし、アジアやアフリカには経済発展を遂げていない国が多々あります。自国の技術を活かして、現地の需要やニーズに合わせた商品やサービスを投入することで、新たな消費者市場を開拓できる可能性があります。

グローカリゼーションのデメリット

グローカリゼーション(グローカル化)のデメリットは以下の項目が考えられます。

■カントリーリスクによる事業停止

カントリーリスクとは、その国の社会変化によって起こる事業毀損リスクを指します。政変や取引規制、反日運動による不買運動、民衆の暴徒化による店舗破壊、テロリズムなどが代表的なカントリーリスクといえます。

政治問題から経済制裁の報復を実施する国も珍しくなく、グローカリゼーション(グローカル化)を展開する企業はこれらのリスクを想定した上で、海外進出を果たさなければなりません。

■市場リスクによる収益減少

市場リスクとは、世界規模での為替市場、株式市場、金利市場の影響によって、資金の調達・運用に損害が生じるリスクを指します。製造業の輸出依存度が高い日本では、円高・株安による為替変動で経済的な打撃を受けやすい傾向にあります。

現在はアベノミクスの金融緩和により、円安・株高が維持され、多くの日本企業が過去最高の売上・利益を達成しています。これも市場リスクを踏まえた上での経済活動だからこそのリターンであり、逆に円高・株安の状況になれば、大規模な損失につながります。

■短期の収益確保が難しい

グローカリゼーション(グローカル化)は、自国の商品やサービスを基に、現地の需要やニーズに合わせた新たな商品・サービスを展開します。そのため、現地でのマーケティングや現地生産に必要な設備投資、人材の確保など実現までに膨大な時間と費用を費やします。そのため、短期的な収益確保が難しく、既にご紹介したカントリーリスクと市場リスクを意識しながら、長期的に事業展開をしなければいけません。

■自国の雇用喪失

グローカリゼーション(グローカル化)のメリットは、現地の人材を使って、製品開発・生産・流通を行なうため、人件費を抑えることができます。その一方で、日本で行なっていた業務が海外に移転されることにより、日本人の雇用機会が失われ、日本人の失業につながる可能性があります。

今後、爆発的な経済成長を期待できない日本においては、一握りの優秀な日本人が雇用される社会が予想されます。そのため、企業は雇用創出のための新規事業の立ち上げが求められ、従業員は代替不可能な能力と技術を身につけることが求められます。

グローカリゼーションの展開に必要なものとは?

グローカリゼーション(グローカル化)を展開するためには、主に「ビジネス戦略」、「トップのリーダーシップ」、「新たなIT基盤の選択と運用」、「グローカル人材の育成」の4つが鍵となります。

ビジネス戦略

日本では業界に関係なく、優れた技術や製品、サービスが次々と登場していますが、それら全てがローカライズに適しているわけではありません。そのため、グローカリゼーション(グローカル化)を展開するためには、まず自社の商品やサービスがローカライズできるかどうかを検討する必要があります。

また、ローカライズが可能であったとしても、現地の社会情勢や規制の把握、生産設備、人材確保など綿密な戦略を打ち出さなければなりません。自社のヒト、モノ、カネを投資し、中長期的な視点で事業継続ができるかを慎重に検討しましょう。

トップのリーダーシップ

グローカリゼーション(グローカル化)を展開する際は、経営トップの強いリーダーシップが必要です。強いリーダーシップで企業を建て直し、グローバル企業に育て上げた人物といえば、日産自動車株式会社(以下、日産)のカルロス・ゴーン会長が有名です。

カルロス・ゴーン氏はその経営手腕を買われ、1999年に経営難に陥っていた日産の最高執行責任者に就任、2000年には社長に就任しました。2002年度のグローバル生産台数が131万7千台だった状況を、2016年度には463万9千台までに成長させ、販売台数では195万5千台から506万9千台にまで拡大しました。2016年度の日本の販売台数は全体のわずか10%未満(2002年時点では29.4%)まで縮小していることからもわかるように、日産は海外生産の現地化を徹底させ、成長を果たしたと考えられます。

現地の需要やニーズに合った自動車を生産・販売するグローカリゼーション(グローカル化)を実施することで、日産は見事経営再建と再成長を果たすことができました。経営トップであるカルロス・ゴーン氏が「日産180」や「日産リバイバルプラン(NRP)」などの目標を掲げ、強いリーダーシップを発揮したグローカリゼーション(グローカル化)実現の良き事例といえるでしょう。

【参考】日本経済新聞 日産、ゴーン氏がCEO退任し会長に 後任に西川氏
【参考】日産自動車株式会社 2002年度決算 決算参考資料(連結)
【参考】日産自動車株式会社 2016年度決算 決算参考資料(連結)

適切な企業ITシステムの導入

グローカリゼーション(グローカル化)を成功させるためには、優れたビジネス戦略と経営トップの強いリーダーシップが必要不可欠ですが、それらを支えるための企業ITシステムの導入も忘れてはいけません。

グローバルなオペレーションを実現するために、各国の需要に合わせて、最適化されたIT基盤(データセンター)の導入、地域独自の要素に対応した業務アプリケーション、ビッグデータを活用した意思決定アプリケーション、さらにはグローバルな意思決定を迅速化させるためのコラボレーションシステムが必要となります。もちろん、各国の災害対策や業務継続計画なども加味した上で、実現していくことは言うまでもありません。

グローカル人材の育成

グローカル人材とは、多様なローカル文化を理解し、グローバルな視点を持ちつつ、地域社会に貢献する人材、またはローカルとローカルを結びつけるブリッジ的な役割を果たす人材を指します。

日本企業において、育成と確保が急務となっているグローバル人材との違いは、「ローカルとローカルを結びつける」という点が挙げられます。グローカル人材は、グローバル人材が求められる能力はもちろん、自社の技術や商品、サービスを根付かせるローカライズ能力も必要となります。

そのため、日本企業はグローバル人材が、やがてグローカル人材へとステップアップしていくロールモデルを描いた上で、人材育成を行なわなければいけません。

【関連】BizHint HR 「グローカル人材」とは?地域活性化を担う地域人材についてご紹介

グローカリゼーションの課題

日本企業の売上・利益向上施策として、魅力的なグローカリゼーション(グローカル化)には、いくつかの課題があります。これらの課題をしっかりと認識した上で、自社にとってグローカリゼーション(グローカル化)は相応しいかどうかを考える必要があります。

バランスの調整が難しい

グローカリゼーション(グローカル化)とは、自国の生産方法を変えずに、商品・サービスを持ち込むグローバリゼーション(グローバル化)と、商品やサービス、生産方法を現地化させるローカライゼーション(ローカル化)の造語です。本来、この2つは相反するものであり、グローカリゼーションを実現させるためには、この相反する2つをバランスよく実施しなければなりません。

グローバリゼーション(グローバル化)に傾けば、自社の商品やサービスを現地に根付かせることができません。一方で、ローカライゼーション(ローカル化)に傾けば、技術や品質を維持することができません。これら、相反する効果をバランスよく使いこなし、実現していくことがグローカリゼーション(グローカル化)の難しい点といえます。

商品やサービスによっては、グローカリゼーション(グローカル化)に向いていないものもあり、グローバリゼーション(グローバル化)による普及が望ましい場合もあります。経営陣にはグローカリゼーション(グローカル化)の難しいバランス調整能力が求められます。

リバース・イノベーションの台頭

民間企業の海外進出においては、グローカリゼーション(グローカル化)に則った戦略を取ることが最早当たり前となっています。そのため、海外に進出する企業が増加するにあたり、従来のグローカリゼーション(グローカル化)戦略では売上・利益の確保や新たな消費者市場の獲得が難しくなっています。

そこで、近年注目されているのが「リバース・イノベーション」です。リバース・イノベーションとは、先進国企業が新興国や発展途上国に研究開発の拠点を設け、現地の需要やニーズを基にゼロから開発、流通、展開させる戦略を指します。このリバース・イノベーションはグローバリゼーション(グローバル化)やグローカリゼーション(グローカル化)のように、自国の技術や商品を現地に持ち込むのではなく、現地で開発した技術や商品を先進国にも流通、展開させるという逆の流れを取ります。

リバース・イノベーションを実施することで、先進国では生まれなかった新たな発想やニーズを得ることができ、先進国・新興国両方に新たな消費者市場を開拓できるというメリットがあります。

【関連】BizHint HR 「リバース・イノベーション」とは?注目理由、導入方法や課題、企業事例を紹介

まとめ

  • 海外進出を果たす企業にとって、重要な経営戦略であるグローカリゼーション。相反する要素をバランスよく調整し、中長期的な視点で取り組むことが大切です。
  • グローカリゼーションは有効な海外戦略であり、現代社会でも通用するものですが、リバース・イノベーションといった新たな海外戦略も登場しています。
  • グローカリゼーション戦略を実施する際は、自社の商品やサービス、技術としっかりと向き合い、入念な検討が必要です。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計150,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

グローカリゼーションの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

戦略・経営の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次