close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

キャッシュ・フロー計算書

2018年11月28日(水)更新

財務三表の1つであるキャッシュ・フロー計算書。「キャッシュフロー経営」という言葉にも表れているように、会社の経営状況の把握においては、利益だけでなく実際の資金(キャッシュ)の動きを注視しておくことが非常に重要です。キャッシュフロー計算書を見れば、営業・投資・財務それぞれの企業活動によって、どのようにキャッシュが増減したかがわかります。この記事ではキャッシュフロー計算書とは何なのか、その重要性に触れつつ、読む際のポイントや作り方まで分かりやすく解説します。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement、C/S)とは、会社の一会計期間の現金=キャッシュの動きを示した決算書類の1つです。言い換えると、期首にいくらのキャッシュがあって(期首残高)、期中にどんな増減が起こって(期中増減額)、期末にどれだけのキャッシュが残っているか(期末残高)を、一目で判断できるのがキャッシュフロー計算書です。

同じく決算書類(財務諸表)である「損益計算書(Profit and Loss Statement、P/L)」、「貸借対照表(Balance Sheet、B/S)」と合わせて、財務三表と呼ばれます。

財務三表のそれぞれの役割は次の通りです。

  • 損益計算書(P/L) :期末日の財政状態(どこから資金を調達し、何に使ったか)を示す
  • 貸借対照表(B/S) :期中の利益(収益-費用)を示す
  • キャッシュフロー計算書(C/S) :期中のキャッシュの増減を示す

【関連】財務諸表とは?構成や読み方、分析方法まで基礎知識を徹底解説/BizHint

キャッシュフロー計算書の作成義務

上場企業はキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。一方、非上場の中小企業はその義務がありません。ですが、資金繰りを把握するためには、中小企業であってもキャッシュフロー計算書を見る必要があります。

キャッシュフロー計算書の重要性。黒字倒産はなぜ起きる?

会社の利益状況、つまり赤字か黒字かの判断は損益計算書から行えます。では、なぜキャッシュフロー計算書が必要なのでしょうか。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む