close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

財務指標

2018年12月20日(木)更新

会社にも健康診断があるのを知っていますか?財務指標とは、会社の経営状況を健康診断のように客観的に数値で表すものです。財務指標を用いた財務分析は会社の現状をとらえ、未来をデザインするために必須の知識です。本記事では、重要な財務指標を例示して具体的な分析の仕方、改善行動の方向性までを解説します。

財務指標とは

「財務指標」とは、会社の経営状態を把握し分析するために、決算書等から導いた数値のことをいいます。さらに、財務指標を用いて自社の経営状況を客観的に分析すること、そして分析によって得られた情報に基づき将来の経営を考えることを「財務分析」、あるいは「経営分析」と言います。

このことは、よく健康診断に例えられます。体の健康診断と同じように、経営状態を客観的な数値で表すことによって現状を正確に把握することができます。例えば、「なんとなく顔色が悪い」「だるい」「頭が重い」というよりも「血糖値が正常範囲を超えて高い」というほうが客観的で説得力があります。

また、経営上の課題はもちろん強みを認識するという点でも、数値を用いることによってかなり緻密に分析をすることもできるのです。

財務指標の重要性

財務指標が無ければ、経営判断の根拠は勘や経験のような抽象的なものに頼るしかありません。しかし、残念ながら勘や経験は再現性が高いものではないのです。その意味で、財務指標はいかなる時にも客観的な経営判断の材料となりうるものです。再現性が高く、多くの人の理解を得やすい情報となります。

指標の示す意味を真摯に受け止めて実直に経営改善に役立てていくことが、経営者に対して求められる姿勢です。

具体的な指標を理解して自社の数値を把握してください。そこで終わるのではなく、さらに強みや弱みを分析して、次にどうしたら良いのかを考えます。そのための材料となることを考えると、財務指標がいかに重要なものかが納得できるでしょう。

覚えておくべき財務指標一覧

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む