はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

キーワードフォローして
関心のある記事をまとめてチェック

【キーワードフォローの使い方】

  1. STEP1関心のあるキーワードをフォローする

    Step1

    トップページキーワードページ記事ページにあるフォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

  2. STEP2フォローしたキーワードの関連記事をまとめて読む

    Step2

    フォローしたキーワードの関連記事を、サイト・アプリでまとめて読めます。更に、毎週メルマガでキーワードに関連する重要トピックを受け取れます。

世の中の今が分かる!人事業界の注目キーワード10選

  • 働き方改革とは、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとするものです。安倍内閣は働き方改革実現のため、安倍首相や働き方改革担当大臣などで構成された働き方改革実現会議を通して、働き方改革実行計画を策定しました。以下では、働き方改革について詳細に紹介します。

  • インターネットの普及・ビッグデータの解析、そして人口知能の進化により企業を悩ます人事面での仕事も大きく変わろうとしています。人工知能の今を探り、HRテックの適用について考えていきます。

  • 少子高齢化による労働人口の減少により、日本の生産性向上は直近の課題です。この記事では、日本の現状や課題、業務効率改善との違い、生産性向上の具体的な方法、企業が生産性向上のために考えるべき視点や、取り組み事例についてご紹介いたします。

  • 日本企業で長時間労働や不必要な管理職が指摘される中、同時に話題となるのが労働生産性です。労働生産性の向上は政府が掲げる働き方改革や人件費を抑えたい企業にとって、重要な課題です。今回は労働生産性の意味や定義、計算(算出)式から日本の労働生産性の現状と課題、向上施策についてご紹介いたします。

  • 優秀な人材の獲得が期待できる「ダイレクトリクルーティング」とは?従来の採用手法と異なり「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティングについて解説します。

  • 「働き方改革」でも大きく取り上げられている「長時間労働」。長時間労働による過労死や過労自殺が後を絶たず、日本では深刻な社会問題となっています。厚生労働省では長時間労働の削減に向けた取組を強化する動きが活発となり、働き方改革の大きな柱の1つである「時間外労働の上限規制」も近い将来、法制化される見込みです。今回は、長時間労働の原因や削減に向けた対策、また、厚生労働省の取組について具体的に紹介します。

  • 「人事データ」とは、従業員に関するデータのことで、「氏名」「生年月日」「住所」といったものから、「スキル」「評価」「勤怠」など数多くのデータが含まれます。近年では、こういったデータのクラウド化が、多くの企業で推進されているほか、蓄積されたデータを分析することで、これまで面接官や評価者の主観や、評価対象者との相性といったことに左右されがちだった採用面接や人事評価を、より制度が高く納得感のあるものにしていこうという取り組みが始まっています。また勤怠データを分析することで離職の可能性のある社員を事前に予測しようとする取り組みも広がりつつあります。

  • ピープル・アナリティクスは、社員の行動データを収集し、分析結果を社内環境の整備や業務の効率化に生かす手法です。「職場の人間科学」とも言われ、Googleなどではすでに専門の部門も設立されています。生産性の向上にもつながるピープルアナリティクスのメリット・デメリットや具体的な導入例をご紹介します。

  • 企業文化とは、その企業独自の価値観や行動規範のことを指し、外部からその企業を見た時のイメージに直接結びつくものです。その概念や重要性、醸成の方法を様々な事例を含めてご紹介します。

  • 急速に変化し続ける世界経済の中において、企業の将来を担う次世代リーダー(将来の経営者)の育成が不可欠です。今回は日本企業における次世代リーダー育成の実態と課題を把握し、育成プログラムの導入におけるポイントや、育成効果を最大限に上げるための心得をご紹介いたします。

みんなで選ぶ!フォローを集める話題のキーワード10選

  • 働き方改革とは、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとするものです。安倍内閣は働き方改革実現のため、安倍首相や働き方改革担当大臣などで構成された働き方改革実現会議を通して、働き方改革実行計画を策定しました。以下では、働き方改革について詳細に紹介します。

  • 人材開発とは、企業が従業員に対して教育や研修を行い、企業の戦力となる人材を育成していくことです。最近、人材開発に力を入れる企業が増えてきています。人材開発について詳しく解説します。

  • 「パフォーマンスマネジメント」とは、従業員の能力とモチベーションを引き出しながら、同時にビジネス上の目標達成を行うことを目的としたマネジメント手法です。戦略ビジョンや目標を定め、目標達成に繋がるアクションを本人とともに考え、行動の結果に対して継続的にフィードバックすることで気づきを与え、パフォーマンスに繋がる行動が身につくよう促します。GEに代表される欧米の先進的企業が年次評価を廃止するなか、従来型のMBOに代わる、よりリアルタイムに近い人材マネジメントのあり方として注目されています。

  • 従業員エンゲージメントとは、会社の方針や戦略を、経営者を含む従業員全員に浸透させるために有効な手段を指します。急速な発展を遂げる新興国や流動的に変化する世界情勢の影響で、日本企業も早急なグローバル化が求められています。今回は、企業の成長に不可欠な従業員エンゲージメントについて、ご紹介いたします。

  • 企業文化とは、その企業独自の価値観や行動規範のことを指し、外部からその企業を見た時のイメージに直接結びつくものです。その概念や重要性、醸成の方法を様々な事例を含めてご紹介します。

  • インターネットの普及・ビッグデータの解析、そして人口知能の進化により企業を悩ます人事面での仕事も大きく変わろうとしています。人工知能の今を探り、HRテックの適用について考えていきます。

  • 面接官は、採用面接の際に応募者に対して質疑応答する企業側の人事担当者(採用担当者)です。この面接官に任命された時、何を心がけておくべきなのか。また、面接はどのように進め、具体的にどのような質問をすべきなのか等、今回は「面接官」について詳しくご紹介します。

  • 優秀な人材の獲得が期待できる「ダイレクトリクルーティング」とは?従来の採用手法と異なり「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティングについて解説します。

  • 「2018年問題」とは、2013年に改正された「労働契約法」に導入された「無期労働契約への転換」などのルールにより、使用者、労働者ともに大きな転換を迎える問題を指します。法法律は2013年に施行されましたが、実質的に該当者が現れるのは施行から5年が経過する2018年です。本記事では起こりうる問題を解説していきます。

  • 日本ではまだ馴染みの薄いCHRO。ヘッドハンティングをはじめとした人材の流動的な活用が盛んな外資系企業においては、企業トップであるCEO、そして財務部門トップのCFOに続く第三の役割として重要視されています。近年日本でも注目を集め始めたCHROについて詳しく見ていきましょう。