はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

キーワードフォローして
関心のある記事をまとめてチェック

【キーワードフォローの使い方】

  1. STEP1関心のあるキーワードをフォローする

    Step1

    トップページキーワードページ記事ページにあるフォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

  2. STEP2フォローしたキーワードの関連記事をまとめて読む

    Step2

    フォローしたキーワードの関連記事を、サイト・アプリでまとめて読めます。

世の中の今が分かる!事業課題の注目キーワード10選

  • 「組織開発」とは個人間の関係への働きかけで組織を活性化し、個人の能力を引き出そうとするアプローチです。GEやヤフーなどでの取り組みによって注目が集まっています。このページでは組織開発が注目される背景や手法、事例をご紹介します。

  • 【働き方改革事例集もご用意】働き方改革とは、一部の大企業のみに向けられた問題ではなく、中小企業を含む全ての企業で対応が必要です。現状、働き方改革に未着手の企業では、今後、労使トラブルや人手不足に一層頭を悩ませることに。競合他社に遅れをとらぬために、今、取り組む必要があるのです。本記事では、働き方改革の目的や背景、政府が策定した働き方改革関連法の各施行時期や助成金、企業が行うべき課題や中小企業における働き方改革まで、徹底解説いたします。

  • 企業文化とは、その企業独自の価値観や行動規範のことを指し、外部からその企業を見た時のイメージに直接結びつくものです。その概念や重要性、醸成の方法を様々な事例を含めてご紹介します。

  • 従業員エンゲージメントとは、会社の方針や戦略を、経営者を含む従業員全員に浸透させるために有効な手段を指します。急速な発展を遂げる新興国や流動的に変化する世界情勢の影響で、日本企業も早急なグローバル化が求められています。今回は、企業の成長に不可欠な従業員エンゲージメントについて、ご紹介いたします。

  • 「HRテック(HR Tech)」とはテクノロジーの活用によって人材育成や採用活動、人事評価などの人事領域の業務の改善を行うソリューション群を指す言葉で、HR(Human Resources)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。スタートアップ企業が市場の成長を牽引しており、アメリカでは数十億円規模の資金調達に成功する企業も数多く現れるなど注目の集まっている分野です。

  • 近年、従業員と企業との関係や、企業と顧客の関係性を示す言葉として、「エンゲージメント」という言葉がよく使われるようになっています。また、企業のSNSページの運用においても、投稿に対するリアクション率を示す「エンゲージメント率」という指標が使われています。ビジネス用語としても市民権を得ている「エンゲージメント」について、言葉の意味や使われ方、向上させる方法などを解説します。

  • 「採用マーケティング」とは、人材採用に消費者マーケティングの視点を活かす取り組みを指します。労働人口が減少する中、企業のニーズにマッチした人材の確保は益々難しくなりつつあります。そこで、自社の戦略にもとづいて採用ターゲットとなる人材を定義した上で、ターゲットにとっての「働き場所」としての自社の魅力を定義し、その魅力を従来の転職サイトだけで無く、広報活動や社員紹介など様々なチャネルを通じて発信していこうという取り組みが採用に力を入れる企業で始まりつつあります。また、デジタルマーケティングの世界の技術を応用し、どういった採用手段への投資が最も効率的なのか、可視化しながら注力すべきチャネルにリソースを集中させようとするのも採用マーケティングの発想と言えます。

  • 従来の採用手法と異なり「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティング。労働人口の減少や現在の売り手市場の加速化といった外部環境の変化に加え、SNSをはじめとしたITツールの発達により、日本でも普及が進んでいます。本記事ではダイレクトリクルーティングの意味やメリット・デメリット、実施時のポイントを押さえつつ、中途・新卒別のダイレクトリクルーティングサービス会社もご紹介いたします。

  • 1on1とは正確には1on1ミーティングといい、上司(マネージャ)が部下の育成を行うために行う個人面談です。今回は「1on1」の効果を最大化するため、1on1を実施する時のポイントや話す内容をご紹介いたします。なお、本記事内では1on1ミーティングを1on1と記載させていただきます。

  • 景気回復や少子高齢化に伴う人手不足が深刻化する日本企業において、従業員の離職率は、重要な経営課題のひとつといえます。離職率が高い会社は優秀な人材の流出や採用・教育コストの増加などさまざまなデメリットが発生します。今回は離職率の定義や算出方法、離職率の現状から、離職率の高い企業・低い企業の特徴、離職率の改善ポイント、企業事例までご紹介いたします。

みんなで選ぶ!フォローを集める話題のキーワード10選

  • 「組織開発」とは個人間の関係への働きかけで組織を活性化し、個人の能力を引き出そうとするアプローチです。GEやヤフーなどでの取り組みによって注目が集まっています。このページでは組織開発が注目される背景や手法、事例をご紹介します。

  • 【働き方改革事例集もご用意】働き方改革とは、一部の大企業のみに向けられた問題ではなく、中小企業を含む全ての企業で対応が必要です。現状、働き方改革に未着手の企業では、今後、労使トラブルや人手不足に一層頭を悩ませることに。競合他社に遅れをとらぬために、今、取り組む必要があるのです。本記事では、働き方改革の目的や背景、政府が策定した働き方改革関連法の各施行時期や助成金、企業が行うべき課題や中小企業における働き方改革まで、徹底解説いたします。

  • 人材開発とは、企業が従業員に対して教育や研修を行い、企業の戦力となる人材を育成していくことです。最近、人材開発に力を入れる企業が増えてきています。人材開発について詳しく解説します。

  • 「パフォーマンスマネジメント」とは、従業員の能力とモチベーションを引き出しながら、同時にビジネス上の目標達成を行うことを目的としたマネジメント手法です。戦略ビジョンや目標を定め、目標達成に繋がるアクションを本人とともに考え、行動の結果に対して継続的にフィードバックすることで気づきを与え、パフォーマンスに繋がる行動が身につくよう促します。GEに代表される欧米の先進的企業が年次評価を廃止するなか、従来型のMBOに代わる、よりリアルタイムに近い人材マネジメントのあり方として注目されています。

  • 従業員エンゲージメントとは、会社の方針や戦略を、経営者を含む従業員全員に浸透させるために有効な手段を指します。急速な発展を遂げる新興国や流動的に変化する世界情勢の影響で、日本企業も早急なグローバル化が求められています。今回は、企業の成長に不可欠な従業員エンゲージメントについて、ご紹介いたします。

  • 企業文化とは、その企業独自の価値観や行動規範のことを指し、外部からその企業を見た時のイメージに直接結びつくものです。その概念や重要性、醸成の方法を様々な事例を含めてご紹介します。

  • 人工知能(AI)とは、記憶や学習、推論、判断など高度な作業に必要不可欠となる人間の知能をコンピューター上で人工的に構築し、これまで人間が脳内で行ってきた作業を再現する仕組みや研究のことです。人工知能に対する正しい知識を身に付け、自組織での活用実現のために必要となる情報やノウハウを、人工知能の歴史や種類、メリットとデメリット、人工知能によってなくなる仕事となくならない仕事、人工知能が搭載されたビジネス用アプリケーションやビジネスツールなどの項目に分けて分かりやすく解説致します。

  • 従来の採用手法と異なり「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティング。労働人口の減少や現在の売り手市場の加速化といった外部環境の変化に加え、SNSをはじめとしたITツールの発達により、日本でも普及が進んでいます。本記事ではダイレクトリクルーティングの意味やメリット・デメリット、実施時のポイントを押さえつつ、中途・新卒別のダイレクトリクルーティングサービス会社もご紹介いたします。

  • 面接官は、採用面接の際に応募者に対して質疑応答する企業側の人事担当者(採用担当者)です。この面接官に任命された時、何を心がけておくべきなのか。また、面接はどのように進め、具体的にどのような質問をすべきなのか等、今回は「面接官」について詳しくご紹介します。

  • 日本ではまだ馴染みの薄いCHRO。ヘッドハンティングをはじめとした人材の流動的な活用が盛んな外資系企業においては、企業トップであるCEO、そして財務部門トップのCFOに続く第三の役割として重要視されています。近年日本でも注目を集め始めたCHROについて詳しく見ていきましょう。