はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

キーワードフォローして
関心のある記事をまとめてチェック

【キーワードフォローの使い方】

  1. STEP1関心のあるキーワードをフォローする

    トップページキーワードページ記事ページにあるフォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

  2. STEP2フォローしたキーワードの関連記事をまとめて読む

    フォローしたキーワードの関連記事を、サイト・アプリでまとめて読めます。更に、毎週メルマガでキーワードに関連する重要トピックを受け取れます。

世の中の今が分かる!人事業界の注目キーワード10選

  • 働き方改革とは、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとするものです。安倍内閣は働き方改革実現のため、安倍首相や働き方改革担当大臣などで構成された働き方改革実現会議を通して、働き方改革実行計画を策定しました。以下では、働き方改革について詳細に紹介します。

    もっと読む
  • インターネットの普及・ビッグデータの解析、そして人口知能の進化により企業を悩ます人事面での仕事も大きく変わろうとしています。人工知能の今を探り、HRテックの適用について考えていきます。

    もっと読む
  • 日本企業で長時間労働や不必要な管理職が指摘される中、同時に話題となるのが労働生産性です。労働生産性の向上は政府が掲げる働き方改革や人件費を抑えたい企業にとって、重要な課題です。今回は労働生産性の意味や定義、計算(算出)式から日本の労働生産性の現状と課題、向上施策についてご紹介いたします。

    もっと読む
  • 「人事データ」とは、従業員に関するデータのことで、「氏名」「生年月日」「住所」といったものから、「スキル」「評価」「勤怠」など数多くのデータが含まれます。近年では、こういったデータのクラウド化が、多くの企業で推進されているほか、蓄積されたデータを分析することで、これまで面接官や評価者の主観や、評価対象者との相性といったことに左右されがちだった採用面接や人事評価を、より制度が高く納得感のあるものにしていこうという取り組みが始まっています。また勤怠データを分析することで離職の可能性のある社員を事前に予測しようとする取り組みも広がりつつあります。

    もっと読む
  • 「従業員満足度」とは、ES(=Employee Satisfaction)と言われ、企業の最大の財産は人材であるという考えのもと、経営者が企業価値を向上させるため、社内環境や業務内容などを調査することで、従業員の「働きやすさ」を築くためのものです。また、従業員の満足度を向上することが、顧客満足度の向上に大きく影響するとも言われており、近年では、従業員満足度の向上を図るためや、現状の問題点の把握にES調査という社内調査をする企業も増えてきています。ES調査によって洗い出された問題点や分析内容は、企業の組織改編などに大きく役立つ重要なデータになります。

    もっと読む
  • ピープル・アナリティクスは、社員の行動データを収集し、分析結果を社内環境の整備や業務の効率化に生かす手法です。「職場の人間科学」とも言われ、Googleなどではすでに専門の部門も設立されています。生産性の向上にもつながるピープルアナリティクスのメリット・デメリットや具体的な導入例をご紹介します。

    もっと読む
  • 「働き方改革」でも大きく取り上げられている「長時間労働」。長時間労働による過労死や過労自殺が後を絶たず、日本では深刻な社会問題となっています。厚生労働省では長時間労働の削減に向けた取組を強化する動きが活発となり、働き方改革の大きな柱の1つである「時間外労働の上限規制」も近い将来、法制化される見込みです。今回は、長時間労働の原因や削減に向けた対策、また、厚生労働省の取組について具体的に紹介します。

    もっと読む
  • 優秀な人材の獲得が期待できる「ダイレクトリクルーティング」とは?従来の採用手法と異なり「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティングについて解説します。

    もっと読む
  • リモートワークの意味は、会社以外の場所で遠隔で仕事を行う勤務形態を指すことに違いありませんが、在宅勤務やテレワーク、クラウドソーシングなど、同様の言葉も多数存在し、正確に使い分けられていることは少ないのかもしれません。これらの違いや、それぞれのメリットと注意点を理解し、また実際にリモートワークを導入した事例を知ることで、現代のワークライフバランスに適した職場環境の構築と、人事戦略に役立てていきましょう。

    もっと読む
  • 人材開発とは、企業が従業員に対して教育や研修を行い、企業の戦力となる人材を育成していくことです。最近、人材開発に力を入れる企業が増えてきています。人材開発について詳しく解説します。

    もっと読む

BizHint HR編集部が選ぶ!人事業界の新着キーワード10選

  • 「採用マーケティング」とは、人材採用に消費者マーケティングの視点を活かす取り組みを指します。労働人口が減少する中、企業のニーズにマッチした人材の確保は益々難しくなりつつあります。そこで、自社の戦略にもとづいて採用ターゲットとなる人材を定義した上で、ターゲットにとっての「働き場所」としての自社の魅力を定義し、その魅力を従来の転職サイトだけで無く、広報活動や社員紹介など様々なチャネルを通じて発信していこうという取り組みが採用に力を入れる企業で始まりつつあります。また、デジタルマーケティングの世界の技術を応用し、どういった採用手段への投資が最も効率的なのか、可視化しながら注力すべきチャネルにリソースを集中させようとするのも採用マーケティングの発想と言えます。

    もっと読む
  • 働き方改革とは、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとするものです。安倍内閣は働き方改革実現のため、安倍首相や働き方改革担当大臣などで構成された働き方改革実現会議を通して、働き方改革実行計画を策定しました。以下では、働き方改革について詳細に紹介します。

    もっと読む
  • 面接官は、採用面接の際に応募者に対して質疑応答する企業側の人事担当者(採用担当者)です。この面接官に任命された時、何を心がけておくべきなのか。また、面接はどのように進め、具体的にどのような質問をすべきなのか等、今回は「面接官」について詳しくご紹介します。

    もっと読む
  •  優秀な人材の採用手法として「採用ブランディング」に関心が高まっています。スタートアップや中小企業でも十分効果的な「採用ブランディング」が可能です。このページでは「採用ブランディング」のポイントと具体的なステップについてご説明します。

    もっと読む
  • エンジニアはメーカーやIT企業ではその根幹をなす重要な役割を担っています。そのため、優秀なエンジニアの確保は企業の命題ですが、実際の現場では様々なミスマッチが起きています。なぜ採用のミスマッチが起こるのか、どうすれば優秀なエンジニアを確保できるのか、そして、そもそも優秀なエンジニアとはどのような人物かも含めて解説します。

    もっと読む
  • 「人事戦略」とは、優秀な人材を揃えて、その人材を戦略に組み込むことを言います。人事戦略にとって重要な事は、明確なビジョンを持つということです。明確なビジョンを持ち、そのビジョンのために必要な人材を揃えること、必要な人材を必要な場所に配置することによって、将来的な企業の成長につながります。問題点としては、ビジョンが明確でなければ、絵に描いた餅になってしまったり、モチベーションのアップにつながらなかったりするということがいえます。

    もっと読む
  • 人材採用のプロセスの中でも最も重要な項目と言えば、面接を挙げる人事採用担当者は多いのではないでしょうか。しかし面接の手法には、定型が無く、担当者ごとにそれぞれ対応しているのが実情ではないでしょうか。本記事では、面接をシステム化し、人材採用を安定的に成功させるための、面接官マニュアルの作成について考えていきます。

    もっと読む
  • 採用プロセスの中でも「面接」は、書類上では知り得ない応募者の人柄やコミュニケーション能力を知ることができる貴重な機会です。今回は採用活動において、最も重要といえる面接の目的やポイント、面接の種類・手法、質問事例と合わせてご紹介いたします。

    もっと読む
  • 「抜擢人事」とは、企業が人材を登用する際に年齢や年次、学歴を飛び越えて優秀な人材や未経験者を選んだり、若い人を高いポストに起用したりすることをいいます。中には社外から採用した人間を部署の責任者に据える、といった人事も見られます。人事評価の制度が従来の年功重視から成果・業績主義に変わりつつあるため、近年はこのような「後輩が先輩を飛び越えて出世する」ケースが増えています。「抜擢人事」においては有能な人材の育成、若手社員のモチベーションアップといったメリットが考えられる一方、抜擢されなかった社員の合意と賛同をどうやって得るかが重要な課題です。

    もっと読む
  • 「CHRO」とは、最高人事責任者のことをさします。一般的には、経営幹部として人事機能を統括している存在という意味で使われることが多く、取締役人事部長などの名称を使うこともあります。一般的な人事部長は管理業務を中心として企業価値を伸ばすことを目指すため、経営や事業に疎くなりがちだという指摘もあります。一方で、CHROは経営に対する理解はもちろん、経営と人的資源のバランスを保つという役割がありますので、社員の能力の開発させて、結果的に会社の成長に貢献することを担っています。

    もっと読む