close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

サステナビリティ

2020年10月27日(火)更新

サステナビリティ(Sustainability)とは「物事を長期的な視野で捉え、持続可能な状態を作る」ための考え方です。近年では「環境・社会・経済に対する価値提供と企業利益の両立による、長期的に持続可能な企業」の実現に向けた取り組みを指すビジネス用語としても用いられています。当記事では、サステナビリティの意味やCSR(企業の社会的責任)との関係性、企業がサステナビリティに取り組むメリット、サステナビリティ先進企業の取り組み事例などの項目に整理して分かりやすく解説します。

サステナビリティの意味とは

サステナビリティ(Sustainability:持続可能性)とは、「物事を長期的な視野で捉え、持続可能な状態を作る」ための考え方です。

元々は環境保護のキーワードでしたが、近年では「環境・社会・経済に対する価値提供と企業利益の両立による、長期的に持続可能な企業」の実現に向けた取り組みを指すビジネス用語として用いられています。

サステナビリティは、2015年の国連サミットで採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」の根底にもなっている考え方です。

企業におけるサステナビリティ

サステナビリティに関する部門を新設する企業や、サステナビリティという概念を経営の枠組みに取り込んだサステナブル経営を実践する企業は年々増加しています。

サステナビリティは、日々の変化が激しく先行きの不透明なVUCA時代を生き抜くために必要不可欠な要素です。将来性や安定性を重視する投資家は、企業を評価する際の資料としてサステナビリティレポートを活用し、環境問題や社会問題に強い関心を持っている消費者はサステナブルな商品やサービスを意識的に選択しています。

企業の持続的な成長や発展を実現させるため、サステナビリティに対する知識を深め、その重要性を正しく理解しましょう。

企業がサステナビリティに取り組むメリット

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む