close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ブランド戦略

2018年12月20日(木)更新

ブランド戦略とは、ブランド価値を高めて消費者に訴求し、競争優位を獲得することを目的に行う活動です。ブランディングは消費者に直接関わるため、商品力や組織体制と同様に競争で重要な要素となります。本記事ではブランド戦略の意味やマーケティングとの関係、メリット、実行のポイントや成功事例を紹介します。

ブランド戦略とは

ここでは、ブランド戦略の意味と、近い用語であるマーケティングやブランディングとの関係を紹介します。また、ブランド戦略がなぜ重要なのかをあわせて解説いたします。

ブランド戦略の意味

ブランド戦略とは目指すべきブランドを決め、様々な施策によって実行してブランド価値を高め、市場で優位性を獲得するための戦略です。

消費者は企業の雰囲気やロゴ、商品やサービスを総合的に捉えて何らかの印象を持ちます。これがブランドです。数ある商品の中で消費者に選ばれるかどうかは、商品のパフォーマンスや価格に加えて、そのブランドが影響します。

つまり、ブランドは消費者にとって商品や価格と同じく重要な材料です。

ただし、企業や商品に対して消費者が抱く印象は様々であるため、企業の意図した通りにブランドイメージが浸透しない可能性があります。また、そもそも企業によっては明確に目指すべきブランドを決めていないケースもあります。

そこで、予めブランドイメージの理想を確立し、消費者に正しく理解してもらうために重要なのが、ブランド戦略なのです。

マーケティングやブランディングとの関係

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む