close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

コア・コンピタンス

2020年9月16日(水)更新

コア・コンピタンス(Core competence)とは、「企業の中核となる能力」のことであり、具体的には「バリューチェーン上における特定の技術力や製造能力」のことを指します。長期的かつ安定的な企業成長を実現するためには、自社のコア・コンピタンスの見極めや強化、他分野への応用が欠かせません。当記事では、コア・コンピタンスという言葉の意味や定義、ケイパビリティとの違い、見極めに必要な3つの条件と5つの視点、見極める方法、企業事例などの項目に整理して分かりやすく解説します。

コア・コンピタンスとは

コア・コンピタンス(Core competence)とは、「企業の中核となる能力」を指すビジネス用語です。

そして、競合他社に対して圧倒的な優位性を持つ自社のコア・コンピタンスを見極め、強化を図り、経営戦略に組み込むことで、長期的かつ安定的な企業成長を目指す考え方をコア・コンピタンス経営といいます。

コア・コンピタンスの定義

コア・コンピタンスの提唱者は、ロンドン・ビジネススクール客員教授のゲイリー・ハメル氏と、元ミシガン大学ビジネススクール教授のC・K・プラハラード氏です。

両氏は「ハーバード・ビジネス・レビュー Vol.68(1990年)」へ共同寄稿した「The Core Competence of the Corporation」の中でコア・コンピタンスという概念を提示。「顧客に対して、他社には提供できないような利益もたらすことのできる、企業内部に秘められた独自のスキルや技術の集合体」と定義しました。

コア・コンピタンスの3つの条件

コア・コンピタンスは、以下の3つの条件全てを満たした自社能力です。

  1. 広範かつ多様な市場へ参入可能である
  2. 最終製品が顧客にもたらす価値に貢献している
  3. 模倣することが難しい

現時点で全ての条件を満たすことができていない自社能力であっても、新たな付加価値を生み出して強化することで、コア・コンピタンスへと昇華させることができます。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む