close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ファブレス経営

2019年7月8日(月)更新

ファブレス経営とは、メーカーが自社で工場を持たず、コア事業に特化するビジネスモデルを指します。製造設備の初期投資を抑えられ、急速な市場の変化に対応できる一方、製造を委託することで、情報漏えいリスクや品質維持の難しさがあります。委託先と適切な関係性築き、ブランド力を強めて独自市場を開拓するなど競争力を高めることが重要です。

ファブレス経営とは

ファブレス(fabless)は、工場(fabrication facility略してfab)を持たない(less)という意味です。つまりファブレス経営とは、工場を持たないメーカーが、自社で企画、開発した商品の製造を他社の生産工場に委託して、自社ブランドとして販売を行うビジネスモデルのことです。

生産工場を持たないことで、製造設備の初期投資を企画、研究、開発などに集中して投資できるメリットがあります。そのため、製造業の中でも製品のライフサイクルが短く、製造設備を持つリスクが高い半導体やコンピュータなどのメーカーで多く採用されています。最近の傾向として、新規参入を図る資本力の弱いベンチャー企業や、コアとなる事業を強化したいメーカー企業が採用するケースも増えています。また、業種も食品、玩具、家具など幅広い分野で採用されています。

誕生の経緯

ファブレス経営は、1980年代にアメリカの半導体分野で誕生したビジネスモデルです。当時の半導体メーカーでは、製品ライフサイクルが短い半導体工場の設備投資に、多額のコストが掛かることが経営課題となっていました。そこで半導体の設計と製造をそれぞれ別の企業で行う分業にすることで、自社の強みとなる事業に特化した経営資源の効率的な活用と、安定した事業を実現しました。やがてファブレス経営が他の分野にも広がっていきました。

ファブレス経営のメリット

製造を外部に委託することで合理的な経営が可能と言われているファブレス経営ですが、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?

大規模な設備投資が不要

メーカーが自社で生産を行うには工場をつくるための大規模な設備投資が必要です。そのほかにも、工場を運営するための人件費や設備の維持費などコストが発生します。外部企業へ生産を委託することで、生産に関わる資金の固定化が避けられるため、リスクを抑えることができます。また、事業を撤退する場合にもリスクが少なく速やかな対応が可能です。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む