close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ゆでガエル理論

2019年7月17日(水)更新

「ゆでガエル理論」とは、同じ場所に滞在しつづけると、環境の変化に気づかないままで気づいたときには大変なことになっているという状態を表す寓話です。企業の経営に一つの教訓として語られています。本記事では「ゆでガエル理論」の具体的な内容と、組織内部にいながら環境変化に気づけるようになるための方法についてご紹介していきます。

ゆでガエル理論とは

「ゆでガエル理論」とは、ゆっくりとした環境の変化に気づかず、気づいた時には手遅れになってしまっているという寓話で、「ゆでガエル症候群」、「ゆでガエル現象」などとも呼びます。

カエルを熱いお湯に入れると驚いて飛び上がります。しかし、常温の水に入れて徐々に水を熱すると、その温度変化に気づかず茹で上がって死んでしまうという例え話です。自然科学上の実験結果であるかのように語られていますが、実際には、ある程度温度が上がれば、カエルは驚いて飛び出してしまうので、現実にはありえない話です。

マンネリ化への警告を与える理論として、企業経営やビジネスシーンなどで用いられています。

欧米では20世紀後半から言われてきた理論ですが、日本では1998年、経営学者の桑田耕太郎と、社会心理学者の田尾雅夫による共著『組織論』が、「ベイトソンのゆでガエル寓話」として紹介しています。また、2003年には、大前研一・田原総一朗が共著『「茹で蛙」国家日本の末路』を発表して、話題になりました。

近年では、地球温暖化問題にも比喩されることが多く、オゾン層の破壊など、ゆっくりとした地球の環境破壊が、取り返しのつかない事態を招くことに、専門家は警鐘を鳴らしています。

ビジネスにおけるゆでガエル理論

グローバル化・IT化・技術革新など、変化が激しい現在のビジネス界でも「ゆでガエル理論」は、喚起を促すための比喩として用いられています。

組織にみるゆでガエル理論

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む