はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月13日(火)更新

スケールメリット

スケールメリットとは企業規模の拡大によって得られる様々な効果の総称であり、規模の経済や規模の優位性などの言葉と同様の意味を持つ和製英語です。企業規模の拡大によって正しくスケールメリットを得るために欠かすことのできない情報やノウハウを、言葉の意味や一般的な英語表現、反対語、言葉の使い方、業種別の具体例、効果を最大化するためのポイントなどの項目に分かりやすくまとめて解説致します。

スケールメリット に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

スケールメリットの意味とは

スケールメリットとは、経営や事業、生産、販売など、さまざまな規模の拡大によって生まれる、生産性向上や効率性上昇、知名度向上、バイイング・パワー向上といった効果のことを指します。

スケールメリットは和製英語であり、正式な英語表現ではありません。スケールメリットの一般的な英語表現である『economies of scale』や『advantages of scale』には、『economie(経済)』や『advantage(利点、有利、優位)』といった英単語が含まれています。そのため、日本ではスケールメリットのことを『規模の経済(規模の経済性)』や『規模の優位性』と呼ぶこともあります。

また、『国語及び国民の言語生活並びに外国人に対する日本語教育に関する科学的な調査研究並びにこれに基づく資料の作成及びその公表』を目的として設置されている国立国語研究所は、スケールメリットの言い換え提案として『規模効果』、『規模の利益』、『規模利益』、『規模拡大効果』などをあげています。

スケールメリットに含まれる効果

スケールメリットは実に様々な効果を組織に与えてくれます。スケールメリットに含まれる効果には次のようなものがあります。

経営効率化やコスト削減など経済性に関する効果

  • 同じ作業の繰り返しによる作業速度や作業精度の向上
  • 組織内に蓄積されたノウハウの活用によるコストパフォーマンス(費用対効果)の向上
  • 製造機械の稼働率向上による生産量の増加や固定費率の減少
  • 大量の商品を一度にまとめて仕入れることによる仕入れコストの削減
  • 同じ方向に向かう荷物を混載させることによる運送コストや物流コストの削減
  • 販売エリアやサービス提供エリアの拡大による売上高(販売量)の増加
  • 知名度向上による広告コストや採用コストの削減

競合他社に対する優位性に関する効果

  • 販売エリアやサービス提供エリアの拡大による知名度向上や市場シェアの拡大
  • 大幅なコスト削減による価格競争力の向上
  • 大量仕入れによるバイイング・パワー(交渉力、仕入力)の向上
  • 知名度向上によるブランド力や集客力の向上

スケールメリットの使い方(使用例)

スケールメリットに含まれる効果はいずれも魅力的なものばかりであり、業種や職種、事業形態を問うことなく様々な経営環境に柔軟に適用することができることから、スケールメリットはビジネスのありとあらゆる場面で登場します。たとえば、次のような形でスケールメリットという言葉が使用されています。

  • コンビニエンスストアやファーストフード、外食チェーンの多くは店舗数増加やエリア拡大などの施策によりスケールメリットを追求している
  • スケールメリットを活かしたコスト・リーダーシップ戦略を展開することで競争優位性を高める
  • 大手企業のスケールメリットを享受するため、フランチャイズ(FC)に加盟する
  • 事業内容が重複している複数のグループ会社を経営統合することによりスケールメリットを生み出す
  • 地域密着型企業や地方銀行など限られたエリアで活動を行う組織であっても、同様の活動を行う別の組織と事務や事業の一部を共同化することによってスケールメリットを図ることができる
  • 日本政府はスケールメリットによる基礎自治体の財政基盤強化や行政体制の整備に大きな期待を寄せて市町村合併を推進した

スケールメリットとシナジー効果の違い

スケールメリットと混同して扱われやすい言葉にシナジー効果(相乗効果)があります。

共通の設備や環境を使用してAとBという異なる商品の製造や事業を営むことにより、AとBの両方が何かしらの効果やメリットを得られることをシナジー効果といいますが、広範囲に事業展開することによって効果を生み出すことから『範囲の経済(範囲の経済性)』とも呼ばれています。

スケールメリットとシナジー効果の違いを分かりやすくまとめると次のようになります。

  • スケールメリット…同一事業の事業規模や同一商品の生産(または販売)規模の拡大によって得られる様々な効果
  • シナジー効果…異なる複数の事業や製品を同時に扱うことによって生まれる相乗効果

『販売エリアの拡大』や『サービス提供エリアの拡大』、『顧客ターゲット(対象顧客)の拡大』などによって生まれる効果は、シナジー効果ではなくスケールメリットです。誤用による不要なトラブルを回避するためにも、それぞれの言葉が持つ意味を理解し、正しく使い分けるようにしましょう。

【関連】「シナジー効果」の意味とは?事例や効果、実現方法から成功ポイントまでご紹介 / BizHint HR

《業種別》スケールメリットの具体例

企業規模の拡大をスケールメリットに正しく結びつけ、組織内で最大限に活用するためには、企業の将来ビジョンを明確にし、課題解決や目標達成に向けた一貫性のある戦略を構築しなければなりません。

企業経営者の将来ビジョン形成や戦略的スケールメリット活用を支援するため、9つの業種におけるスケールメリットの具体的な活用例や事例を紹介致します。

製造業

数ある業種の中で最もスケールメリットを享受しやすいのが製造業です。製造機械の稼働率に余裕があり、工場の家賃や土地代、製造機械のメンテナンス費などに多額の費用がかかっているほど、生産量増加による固定比率の圧縮を容易に図ることができるため、多くのスケールメリットを得ることができます。

また、製造から出荷までの多くの過程を自動化している企業であれば、製造機械や産業ロボットの追加導入と大規模生産の実施によって、大量仕入による原材料の仕入れコスト削減や部品調達コストの削減、バイイング・パワー向上を戦略的に図ることもできます。

ただし、歩合制賃金など人件費に変動費的要素が含まれる報酬制度を定めている場合や、製造機械や産業ロボット以外の固定費増加を伴う大規模生産を目指す場合には、事前に生産量増加による収益と費用のバランスをしっかりと見極めておく必要があるでしょう。

小売業・飲食業

多店舗展開が比較的容易な小売業や飲食業もスケールメリットを享受やすい業種です。商品や食材を仕入れ、仕入れコストの削減効果は大きなスケールメリットとなります。

全店舗の仕入れを一括する集中仕入れで卸問屋や食品メーカーから好条件を引き出し、高品質の商品や食材への切り替えによる質の向上や販売価格を限界まで引き下げるコスト・リーダーシップ戦略の展開など、ミクロ環境の変化に応じた柔軟な対策を講じることが可能となります。

また、出店エリアを一部地域に限定することで地域住民の好みや行動特性に特化した品揃えやメニュー展開、地産地消の推進など地域密着型企業としてのブランド力を高めることができ、全国展開を積極的に進めることで知名度向上による集客率アップを期待することができるなど、出店戦略によって得られるスケールメリットに違いが出るのも小売業や飲食業の大きな特徴です。

その他にも、全店舗共通のポイントカードやクーポン券(割引券)を発行することによって全店舗間での顧客の共有を図ったり、ある店舗で構築された再現性と継続性の高いビジネスモデルをその他の店舗に適用することで、全店舗の売上高や利益率を高めることができるなど、多店舗展開によるスケールメリットは数多く存在します。

運輸業

運輸業におけるコストの大半はガソリン代、人件費、車両関連費です。そのため、旅客輸送であれば一度に多くの顧客を、貨物輸送であれば一度に多くの荷物を運ぶほどコストを分散させることができます。

『輸送量の増加=スケールメリットの増大』という分かりやすい図式を持つ運輸業ですが、輸送技術や利便性を商品として扱うサービス業ならではの課題もあります。旅客輸送において平均輸送量の増加を目指すためには、通勤時間や主要路線のみに運行を限定することが最も効率的ですが、過疎路線の廃止を実施することで顧客満足度を大幅に低下させてしまう危険性があります。また、荷物の配達日時を細かく指定できるサービスの誕生や再配達件数の増加により、大手運送会社であっても高い収益性を維持することが難しくなりました。

運輸業においてスケールメリットを最大限活用するためには、市場ニーズや顧客満足度と経営効率化のバランス調整を丁寧かつ戦略的に行う必要があるでしょう。

銀行業

銀行業におけるスケールメリットは、利便性向上による顧客満足度向上や知名度向上、顧客数増加、収益増加、シェア拡大、経営の効率化など多岐にわたります。また、スケールメリットを生み出す規模の拡大方法は大きく分けて2つあります。

まず1つめは、一企業の意思決定によって実現できる、店舗拡大やATMの追加設置などで利便性向上を目指す施策です。顧客負担の手数料は顧客満足度減少や他金融機関への移行といったマイナス効果に直結する要素であるため、全ての金融機関は『より多くの人が利用』し、『様々な場所にATMが設置してある』銀行を目指して、規模の拡大を積極的に進めているのです。

利便性向上と同様もしくはそれ以上に重要な取り組みが、2つめの複数企業の同意によって実現する、事業統合や経営統合による経営の効率化です。2017年3月には株式会社りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス株式会社、株式会社みずほフィナンシャルグループ、第一生命ホールディングス株式会社の4社が、資産管理専門信託銀行である日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(Japan Trustee Services Bank, Ltd.、JTSB)と資産管理サービス信託銀行株式会社(Trust & Custody Services Bank, Ltd.、TCSB)の経営統合に向けた基本合意書を締結したと発表して、大きな話題となりました。

金融業においては自金融機関の持つスケールメリットを最大限に活用し、顧客の利便性と経営効率化の2つを追求することによって、他金融機関に対する大きなアドバンテージを獲得することが可能となるでしょう。

【参考】資産管理専門信託銀行の統合に関する基本合意について|ニュースリリース|りそなホールディングス

教育、学習支援業

教育、学習支援業の中でも、通信教育事業や学習塾、予備校など、営利目的で学習環境や学習教材を提供する企業は、スケールメリットと深い関連性を持っています。学習をテーマとした企業が業績を上げるために必要となる要素は、知名度、実績、そして目標達成を可能にする学習プログラムです。そして、それらの要素はいずれも規模の拡大によって得ることができます。

店舗拡大やテレビCMの投下量増加により知名度向上を図ることで、塾生や予備校生、教材利用者が増加、顧客の増加によって難関資格や難関大学の合格者も生まれやすくなります。また、模擬試験の対象者に顧客以外の希望者も加え、大規模かつ定期的に開催することにより、知名度向上と良質な学習プログラム作成に必要なデータの収集を行うことができます。

難関資格や難関大学合格という実績や良質な学習プログラムはネームバリューとなり、広告宣伝とは比較にならないほど大きな集客力を生み出します。通信教育事業や学習塾、予備校の経営者が戦略的に規模の拡大を実施することによって、スケールメリットによる恩恵を際限なく増大させることが可能となるでしょう。

人材紹介業・職業紹介業

人材紹介業や職業紹介業では、企業と人材の要望を実現したマッチングを行い、その報酬として成功報酬(成果報酬)や人材紹介手数料を受け取ります。登録料などの初期費用が発生しないケースが多く、気軽に登録することができるため、企業規模がネームバリューやブランドイメージ、営業収益に直結する特殊な業種です。そのため、人件費や広告宣伝費などの固定費の増加と登録数増加や報酬額増加などの発生効果のバランスを見極めながら企業規模を拡大することによって、多くのスケールメリットを享受することができます。

求人企業側の業種や職種、求人条件などの選択肢が増えれば増えるほど、求職者や転職希望者は強い魅力を感じ、多種多様な人材が多く登録されているほど、自社に最適な人材を探し求めている企業は強い魅力を感じるため、企業か人材のいずれかの登録数を増加させる施策を実施することで、スケールメリットとシナジー効果を同時に生み出すことができます。

人材紹介会社や職業紹介会社の経営者がスケールメリットを戦略的に最大限活用することによって、『優秀な人材が数多くの人気企業や大手企業を呼び寄せ、人気企業や大手企業が数多くの優秀な人材を呼び寄せる』好循環サイクルを構築することができるでしょう。

労働者派遣業

労働者派遣業を営む企業は、人材派遣会社である自社に登録している人材の中から、派遣先企業の業務に適した人物を選出し派遣することによって、派遣先から支払われる報酬の一部を営業収益として受け取ります。人材紹介業や職業紹介業と同様、企業規模がネームバリューやブランドイメージに直結し、営業収益に大きく影響するという特性を持っているため、スケールメリットの活用による飛躍的成長が可能な業種となります。

ただし、労働者派遣業の場合、スケールメリット獲得を目的とした規模拡大の対象は人材のみに限定されます。なぜなら、登録スタッフ数の増加や多様性の確保、質の向上に常日頃から努めておかなければ企業側の信頼と要望に迅速かつ適切に応えることができないからです。

事業規模や対象エリアを拡大し、一人でも多くの人材に登録してもらえるよう働きかけ、派遣実績を重ねることにより、自社のネームバリューやブランドイメージだけではなく、社員の人材選別力やヒアリング力も高めることができるでしょう。

スケールメリット最大化の5つポイント

どのような業種であっても、適切に企業規模を拡大することでスケールメリットを生み出すことができます。しかし、戦略や手順を誤ってしまうとその効果はたちまち激減し、逆効果となってしまうこともあるため十分に注意しながら実施しなければなりません。

経営者が次の5つのポイントを押さえながら経営戦略を構築することで、組織にもたらされるスケールメリットを最大化することが可能となるでしょう。

需要と供給のバランスを意識する

ビジネスの世界において需要と供給のバランスは何よりも重要な要素です。常に最新の需給バランスを把握しておかなければ、どれだけ素晴らしい戦略であっても正しい効果を得ることはできません。

製造業であれば、原材料や素材パーツの大量仕入れと産業ロボットの稼働率アップによる大量生産を実施することで、容易に製品1個あたりの製造コスト低下や生産効率性の向上を図ることができます。しかし、大量生産された同規格の製品を継続的に購入し続ける顧客がいなければ、多数の不良在庫を抱えることになりかねません。

正しくスケールメリットを生み出すためには、自社製品に対する需要の範囲内で規模の拡大を図ることが大切です。ただし、製造コスト低下を活かしたコスト・リーダーシップ戦略の実施や、市場への安定供給による企業信頼度や顧客満足度の向上を図ることで競合他社のシェアを奪い、自社製品の需要を高めるなど攻撃的戦略を実施している場合はこの限りではありません。

プレミアム感を強みとする商品やサービスには安易に供給量増加施策を適用しない

『数量限定生産や供給不足な商品など入手困難な状況が生み出す希少価値』や、『高級ブランドの人気商品や選ばれた一部の人しか入手することができない貴重な品など所有することで得られる価格以上の満足感や優越感』のことをプレミアム感といいます。これらの商品はいずれも『(価格的または権利的に)誰もが簡単に手にすることができない』ことが最大の魅力であり強みです。

このようなプレミアム感を強みする商品やサービスに対して、供給量増加施策によるスケールメリットを求めることは適切ではありません。なぜなら、供給量増加によって購入ハードルが大きく引き下げられた結果、商品やサービスの購入を通じて希少価値や独占欲、優越感を得たいという顧客ニーズに反してしまい、顧客離れや顧客満足度の大幅低下を招く危険性があるからです。

プレミアム感を強みとする商品やサービスにおいてスケールメリットを活用したい場合には、『広告宣伝やSNS活用によるブランド価値向上や知名度向上』や『商品やサービスの質向上により購入希望者増加を図ることで更に入手困難な状況を作り出す』など、価値創造や価値向上に重点を置いた戦略や施策を実施する必要があるでしょう。

組織の固定費と固定費率を把握する

企業規模の拡大によって生まれるスケールメリットの種類と量は、規模拡大施策を実施する前の固定費と固定費率に大きな影響を受けます。

そのため、規模拡大施策の実施前に経営者は必ず、自社で扱う事業に対して毎月かかっている固定費の総額や固定費率、固定費と変動費の勘定科目内訳、現在計画している規模拡大施策によって変動する勘定科目の確認や見極めを実施しなければなりません。

RPAの導入を検討する

RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ルールエンジンやAI、機械学習などの高性能な認知技術を活用することでデータ入力や情報収集、情報整理、事務処理といったホワイトカラー業務の自動化や効率化を実現させるソフトウェアロボットです。このRPAは多くの定型作業を高速かつ高精度にこなすことを得意としているため、大規模組織であるほどRPA化による恩恵を得ることができます。

社内業務はフロントオフィス、ミドルオフィス、バックオフィスの3つに大別することができますが、このうちの1つを完全に自動化することによって規模拡大に伴う人員増加(人件費)を大幅に抑えることができます。

このように既存の人件費だけでなく将来的に発生する人件費に対しても導入効果を反映してくれるRPAは、規模の拡大を前向きに検討している組織にとって心強いパートナーとなるのです。

多くの組織はバックオフィスの人件費削減や固定費圧縮を主な目的としてRPA化を実施していますが、バックオフィスというピンポイントではなく事業全体を広い視野で一体的に捉えることによって、RPA導入によるスケールメリット最大化を実現することができるでしょう。

【関連】RPAとは?意味や効果、導入方法、導入事例、RPAツールをご紹介 / BizHint HR

テレワーク制度の導入を検討する

テレワークとはICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)の活用によって実現する、時間や場所にとらわれない働き方です。在宅勤務やモバイルワーク、施設利用型勤務など、本来の職場以外の場所で働くことを認める制度をテレワーク制度と呼びます。

テレワーク制度の導入により組織は数多くのメリットを享受することができますが、その中には『オフィスコストの大幅な削減』や『フリーアドレス化によるオフィススペースの縮小』、『支店や営業所の廃止、縮小』などコスト削減や経営の効率化に繋がるメリットも存在します。そのようなメリットを規模拡大に伴う発生コストの圧縮に繋げることにより、スケールメリットの最大化を図ることができるのです。

フリーアドレス化など様々な事業規模に対応できる職場環境を構築しておくことで、度を越した規模拡大によって意図せぬ規模の不経済が発生してしまった場合にも、大きなロスを生み出すことなく迅速に規模縮小を図ることができるのもテレワーク制度導入の魅力だといえるでしょう。

【関連】テレワークとは?意味やデメリット、導入企業事例、助成金制度を紹介 / BizHint HR

まとめ

  • スケールメリットとは企業規模の拡大によって得られる様々な効果の総称である。日本ではスケールメリットのことを『規模の経済(規模の経済性)』や『規模の優位性』と呼ぶこともある
  • スケールメリットに含まれる効果は『経済性に関する効果』と『優位性に関する効果』に大別することができる
  • スケールメリットに大きな影響を及ぼすポイントをしっかりと押さえ、企業経営者自らが先頭に立ち、意識的かつ戦略的に企業規模の拡大を進めることによってスケールメリットを最大化させることができる

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計130,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

スケールメリットの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

戦略・経営の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次