close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

経営計画

2019年7月29日(月)更新

国内外の経営環境の急激な変化に伴い、経営計画の重要性は益々高まっています。経営計画は、経営ビジョンに基づく経営目標を設定し、それを実現するための行動計画です。経営計画の構成や策定手順を理解した上で経営計画を策定し、実現するためのPDCAサイクルを確立することで、企業は、環境変化に対応して、成長し存続し続けることができます。

経営計画とは

経営計画とは、経営方針や経営戦略に基づいて策定される、具体的な行動計画のことをいいます。

少子高齢化による日本市場の縮小が予想される中、IT技術などの急激な進展により人・モノ・金・情報のグローバル化は益々加速しています。成り行きにまかせて経営していては、変化の早い経営環境についていけず、持続的な成長を維持することは難しいでしょう。

経営計画を策定することで、限られた経営資源を有効活用し、変化に強い事業展開が可能になるのです。

経営計画の種類

経営計画は、その計画期間によって、長期、中期及び短期経営計画に分類されます。一般的には、長期経営計画が5年~10年程度、中期経営計画が3〜5年程度、短期経営計画1年とされています。

長期経営計画

長期経営計画は、設定された経営ビジョンにもとづき、今後の経営の方針や今後事業展開する事業分野を定義します。事業環境の変化が難しい現代においては、長期的な変化を予測して、行動計画にまで落とし込むのは難しいのが実情です。

このため、長期経営計画は、その企業の将来の未来像やあるべき姿を示すにとどまることも少なくありません。長期経営計画は、経営ビジョンに近い位置づけになっていると考えてもよいでしょう。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む