close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

投機的リスク・純粋リスク

2019年7月17日(水)更新

企業経営に欠かせない経営管理手法であるリスクマネジメント。さまざまなリスクに直面する機会も増えた今、リスクを正確に把握することが大切です。今回はリスクマネジメントの対象となる投機リスクと純粋リスクの意味や種類を中心にご紹介いたします。

リスクマネジメントの重要性

リスクマネジメントとは、一般的に組織や企業が経営を行なう中で、想定される内外の様々なリスクを適切に管理する経営管理手法の一つと定義されます。

リスクの性質と種類を正確に把握することで、最適なリスクマネジメントが可能となります。自社にとって、顕在的・潜在的なリスクは何かを把握し、適切に管理・対策を講じるリスクマネジメントは、企業や組織、事業を継続する上で欠かせないものといえます。

本記事では、「投機的リスク」と「純粋リスク」をご紹介します。

【関連】「リスクマネジメント(リスク管理)」とは?手法・事例もご紹介 / BizHint

投機的リスクとは

投機リスクとは、利益・損失両方が発生する可能性のある危険性を指します。動態的リスク、またはビジネスリスクともいわれています。

経済がグローバル化するにあたり、国によって投機リスクの影響度や発生頻度は異なりますが、その結果企業が直面する投機的リスクは従来よりも増加傾向にあり、適切なリスクマネジメントの必要性が高まっています。

具体的な投機的リスクとしては、「営業戦略上のリスク(海外進出や新商品の開発など)」が挙げられます。また、M&A(企業合併及び買収)を行なうことが日本でも盛んになっていることもあり、株式投資や融資などの資産運用上の投機リスクも年々高まっています。その結果、多様な価値観や文化への理解、海外子会社の内部統制が取れなかったため、莫大な損失が生じ、経営を圧迫することも珍しくなくなりました。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む