close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

事業戦略

2019年2月12日(火)更新

事業戦略とは、市場で事業の目的を達成するための競争と、経営資源の蓄積・活用の基本方針です。事業戦略を立てる際は、経営戦略や機能別戦略との関係や、成功するための条件を理解することが重要です。本記事では事業戦略の意味や企業内での位置付け、策定時に役立つフレームワークや、事例を紹介いたします。

事業戦略とは

事業戦略の意味や経営戦略や機能別戦略との関係、そして企業が事業戦略を策定することの重要性を紹介します。

事業戦略の意味

事業戦略とは、事業の目的を達成するための、市場での競争と経営資源の蓄積・活用の基本方針です。戦略とは、企業があるべき姿に到達するための基本的な方針や計画を指しますが、事業戦略とは、その中でも特に事業レベルでの競争や組織マネジメントに焦点を当てたものです。

事業戦略で考えるべき項目は、大きく分けて2つあります。

  • 事業としての目標
  • 最適な組織マネジメント

事業戦略では、顧客や競合などの市場環境を分析して事業機会を見出し、事業の目標や戦略を決定していきます。しかし、戦略を実行する組織の力が不足していれば、事業戦略は決して成功しません。 つまり、事業戦略の成功のためには、組織の力を最大限に引き出せるような体制づくりやマネジメントも重要なポイントとなるのです。

経営戦略・機能別戦略との関係

企業経営での「戦略」には、事業戦略の他にも「経営戦略」や「機能別戦略」があります。階層が高いものから経営戦略、事業戦略、機能別戦略という構造になっています。どれも重要な用語で、実際の戦略策定の際にはこの構造を意識することが大切です。

経営戦略

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む