close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

財務会計

2019年11月13日(水)更新

「財務会計」とは、企業外部の利害関係者(株主・債権者・投資家など)に対して、経営状態を開示するための会計です。この記事では、財務会計が果たす2つの機能の解説だけでなく、土台となる企業会計の考え方、管理会計との違いにも言及します。また、財務会計システムのメリット・注意点、財務会計を学ぶためのおすすめ書籍も紹介しています。

財務会計とは

「財務会計」とは、企業外部の利害関係者(株主・債権者・投資家など)に対して、経営状態を開示するための会計です。

経営状態は、会計情報として決算書(財務諸表)で示されます。これら決算書は、統一の基準・ルールに則り作成されます。

財務会計の目的

財務会計の目的は大きく2つあり、「情報提供」と「利害調整」となります。

  • 情報提供:株主・債権者・投資家等の企業外部の利害関係者に対して、経営成績(企業活動の成果)を開示する。
  • 利害調整:企業内外の利害間関係者間における、利益の分配に関する利害調整行う。

詳細は「財務会計の2つの機能」の項目でご紹介します。

財務会計と管理会計

企業が扱う会計には「財務会計」ともうひとつ、「管理会計」というものがあります。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む