close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

フランチャイズ

2018年11月28日(水)更新

フランチャイズとは小売店や飲食店など幅広い業界で活用されている店舗展開の仕組みです。フランチャイザー本部やフランチャイジー加盟店の双方が得意分野を生かせるメリットがありますが、制約や費用負担などのデメリットもあります。フランチャイズの意味、業界の特徴や加盟する際の見極め方、契約のポイントを紹介します。

フランチャイズとは

フランチャイズとは小売店や飲食店など幅広い業界で活用されている店舗展開の仕組みです。ここでは、フランチャイズの意味、歴史や直営店との違いをご紹介します。

フランチャイズの意味とは

フランチャイズとは、フランチャイジー(加盟店・加盟者)がチェーン店を運営するフランチャイザー(本部)と契約を結び、フランチャイズのブランド、商品、ノウハウなどの資産を使用して商売をする権利を受け、その対価として加盟金やロイヤリティなどを本部に支払う仕組みです。

コンビニエンスストアや飲食店をはじめ、学習塾や整体院、理美容室、クリーニング店、介護サービスなど幅広い業種で展開されています。

商売を始めるには商品開発、立地選び、店舗設計など様々な課題がありますが、フランチャイズでは本部がこれまで試行錯誤を繰り返して蓄積してきた方法をまるごとパッケージとして活用できます。

加盟店は、本部のノウハウを活用して成功確率が高い商売を始めることができるほか、開業資金の支援や定期的なアドバイスなど手厚いサポートを行ってくれる場合もあります。そのため、一般的には個人が単独で開業するよりも有利と言われています。

本部側は、加盟店の力を使って店舗展開をすることでブランドのプロモーションや商品開発、物流網の改善などに集中することが可能で、加盟店からの収入も得られます。

このように、フランチャイズは双方にとってメリットがある仕組みなのです。

フランチャイズの歴史と背景

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む