close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

CSR(企業の社会的責任)

2018年11月20日(火)更新

情報化社会の進展や地球環境への配慮がみられる中、企業が負うべき社会的責任の範囲も拡大しています。CSRは企業が担う社会的責任を発信できるだけでなく、企業価値や組織力の向上などさまざまなメリットが得られます。今回はCSRの意味(定義)や取り組むべき事項、メリットの他にCSRの作り方や企業事例まで、あわせてご紹介いたします。

CSRとは?

「社会貢献」という意味合いが強かったCSRは、時代の移り変わりとともにその役割も変化しつつあり、企業の将来や考え方を発信するツールへと認識されるようになりました。

CSRの意味(定義)、注目される要因、さらにグローバル時代に対応したCSRのあり方を再認識することで、理解を深めることができます。

CSRの意味(定義)とは?

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、事業活動を行なうだけでなく、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮、地域社会との共存・貢献といった企業が果たすべき社会的責任を指すビジネス用語です。

上場企業や株式会社は、成長とともに従業員や消費者、地域住民、クライアントなどのステークホルダーの範囲が拡大します。そのため、「株主などの投資家の持ち物」から、日本社会に大きな影響を与える存在へと変わり、企業経営者を含む経営層には社会的責任が求められるようになります。

また、社会的責任への説明責任が求められる一方で、企業がCSRを重視することは、企業経営の見直しや組織力の向上、経営の効率化、リスクマネジメント体制の構築にもつながります。

グローバル時代に突入している現代社会において、海外展開を目指す企業も多く、海外進出に必要不可欠といわれるダイバーシティグローバル人事にも対応したCSRの需要が高まっています。

CSRが注目される要因とは?

「社会的責任」という意味合いが強かったCSRは、地域社会への貢献だけでなく、人権・コンプライアンスの遵守、環境問題への配慮など担うべき責任範囲に拡大傾向がみられます。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む