close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

サプライチェーン・マネジメント

2020年8月21日(金)更新

サプライチェーン・マネジメント(SCM)とは、材料や部品の調達・製造・物流・販売など、消費者に到達するまでの全ての供給経路を見直し、業務プロセスの効率化および最適化を実施し、収益の最大化を図る経営手法です。近年のテクノロジーの発展やグローバル経済の加速などと相まって再注目されており、その必要性も高まりつつあります。今回はサプライチェーン・マネジメントの意味や、注目される背景、導入メリット、導入手順、さらには導入への成功ポイントからおすすめの書籍までご紹介いたします。

サプライチェーン・マネジメントとは

サプライチェーン・マネジメント(以下、SCM)とは、例えば材料や部品の調達・製造・物流・販売など、消費者に到達するまでの全ての供給経路(サプライチェーン)を見直し、業務プロセスの効率化および最適化を実施し、収益の最大化を図る経営手法です。

テクノロジーや物流インフラの発展が著しい現代において、サプライチェーンを効率化・最適化することは、企業の営業利益率の向上や競争力強化に直結します。

【出典】産業面シーン1:企業内における生産管理プロセスの効率化/総務省

これは、米コンサルティング会社「Booz Allen Hamilton Inc(ブーズ・アレン・ハミルトン)」のK.R.オリバー氏とM.D.ウェバーによって初めて活用された経営管理手法で、業界全体を巻き込んだサプライチェーン改革が可能な、優れた経営戦略と言われています。

サプライチェーン・マネジメントが再注目されている理由

サプライチェーン・マネジメントはここ数年の間に提唱された手法というわけではありません。再び注目されている理由としては以下の3つが挙げられます。

これらの要因により、現在のサプライチェーン・マネジメントは大きな転換期を迎えており、サプライチェーン・マネジメントへの迅速な見直しと導入こそが「企業の生き残り」を左右する重要な経営課題として認知されているのです。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む