close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

リスクマネジメント

2018年11月20日(火)更新

ビジネスをするにあたり、必ず耳にすることがあるリスクマネジメント。企業や組織が経済活動を存続する上で、欠かすことのできない経営管理手法の一つです。今回はリスクマネジメントの意味やその定義、リスクマネジメントが必要とされる背景やプロセス、事例などを踏まえてご紹介いたします。

リスクマネジメント(リスク管理)とは

企業や組織が経済活動を行なう、または企業経営を存続させる上で欠かすことができないリスクマネジメント(リスク管理)。その定義は狭義・広義的に定められ、様々な状況下で導入されています。

リスクとは

リスクマネジメントの対象となるリスクは、主に2つの性質があるとされています。一つが顕在化すると企業や組織に悪影響を与える事象、もう一つは発生タイミングを明らかにできない不確実性の高い事象です。

また、企業や組織にとってのリスクの定義は大きく分けて、2種類に分類できます。一つが自社の事業継続を脅かす事象、もう一つが事業の掲げる目標の達成を妨げる事象です。

このようにリスクの性質と種類を正確に把握することで、最適なリスクマネジメントが可能となります。自社にとって、顕在的・潜在的なリスクは何かを把握し、適切に管理・対策を講じるリスクマネジメントは、企業や組織、事業を継続する上で欠かせないものといえます。

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントの定義はいくつか存在しますが、一般的に組織や企業が経営を行なう中で、想定される内外の様々なリスクを適切に管理する経営管理手法の一つと定義できます。また、想定されるリスクを全体的な視点かつ合理的な方法で管理し、最大限の利益を得る経営上の戦略である事業リスクマネジメントという定義も存在します。経済がグローバル化する中で、どちらも企業や事業を存続させる上で重要な経営課題として捉えられています。

リスクが与える不利益の対象は企業経営の存続、株主、財務など対象が異なるため、それぞれに適したリスクマネジメントを行う必要があります。そのため、リスクマネジメントの取り組みは、企業の経営状況を把握する上での重要な情報と位置付け、会社情報に掲載している企業も少なくありません。

リスクマネジメント一例

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む