close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

2020年問題

2020年3月16日(月)更新

東京オリンピックが開催される2020年は、今後の日本企業にとって大きな転換点になることが予想されます。そのきっかけとなるのが、少子高齢化による人口構造の変化に伴って不動産や雇用をはじめ様々な分野に対して起こる2020年問題です。この記事では、2020年問題で影響を受ける不動産・雇用や人材・IT・教育など各分野について解説します。

2020年問題とは?

2020年問題とは、 あらゆる分野で2020年ごろに表出、深刻化するとされている諸問題あるいはリスク のことです。2020年問題が懸念される業界は不動産をはじめ教育、医療、企業の雇用など多岐に渡ります。

主な原因は、少子高齢化による人口構造の変化と東京オリンピック開催後に都心マンションをはじめ各地で起きると予測される不動産価格の暴落とされています。

2020年問題の影響を受ける業界・分野は?

2020年問題で特に大きな影響を受けるとされるのが、不動産・雇用や人材・教育分野です。

不動産は、東京オリンピックに向けてバブル期並みに高騰している不動産価格の暴落や少子高齢化による管理不足や空き家問題など、様々な問題が発生する可能性が取り沙汰されています。

雇用・人材では、少子高齢化の進行と労働者不足を補うITの発展やAIの導入によって、仕事内容が変化し、様々な雇用問題が起こると予想されます。

教育では、2020年度から新しい大学入試制度や学校における英語教育改革などが行われますが、この教育指導の転換は教育者や保護者など多くの人に影響がありそうです。

その他にも、介護や医療分野への影響も問題視されています。

不動産領域における2020年問題

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む