close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

事業ドメイン

2018年11月12日(月)更新

企業が継続的に売上・利益を上げるには、経営資源を有効活用し、結果が出る経営戦略の策定が不可欠です。そのためにも自社のコア・コンピタンスを理解し、競争優位性を確立させなければいけません。そこで重要となるのが、事業ドメインの設定です。今回は事業ドメインの意味や設定のポイント、自社分析、設定方法、事例をご紹介いたします。

事業ドメインとは?

事業ドメインの設定は、企業が市場で競争優位性を獲得するための重要な経営戦略の一つです。事業ドメインの意味はもちろん、似た意味である市場セグメンテーションや企業ドメインとの違い、事業ドメインの設定が重要視される理由をご紹介いたします。

事業ドメインの意味とは?

事業ドメインとは、企業が経済活動を展開する事業領域、または主力事業となる本業のことを指す経営学の用語です。企業が継続的に成長していくためにも事業活動の範囲を設定し、必要な経営資源を投資するための重要な経営戦略と位置付けられています。

事業ドメインの設定は事業の将来性や可能性、顧客・技術・機能を軸としたコア・コンピタンスを正確に理解・把握し、競争優位性を獲得できる最適な市場調査と市場の選択が求められます。

市場セグメンテーションと企業ドメインとの違いは?

事業ドメインを設定する際は、市場の選択が重要な鍵となります。一方で、事業ドメインの設定と似た手段として、市場セグメンテーションと企業ドメインがあります。しかし、事業ドメインと、これらの用語には明確な違いがあります。

市場セグメンテーションの意味とは?

市場セグメンテーションとは、企業が商品(製品)・サービスを展開する際に対象顧客の趣味や嗜好を分類し、市場を細分化した上で、事業展開を行うマーケティング分野の用語です。顧客や消費者のニーズが多様化・複雑化する中、市場を細分化し同質のニーズを持つ顧客群を見つけ出した上で、効率的に事業展開を行うための有効な市場戦略の一つとなっています。

従来のように全ての顧客ニーズに対応することが難しくなった日本経済において、マス・マーケティングの反対のマーケティング手法として活用されています。

この動画もあなたにオススメ

戦略・経営の記事を読む