close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

女性リーダー

2020年2月3日(月)更新

女性活躍推進法の施行によって女性社員の活躍を推進する機運が高まっていますが、それを実現するには女性リーダーの存在が必要不可欠であり、育成するにはいくつかの壁が存在します。今回は、この女性リーダーについて、「理想の女性リーダー」の特徴や、女性活躍推進の現実、そして活躍を阻害する壁の存在や、育成ポイントまで幅広くご紹介します。

企業成長の鍵となる女性活躍推進

それではまず、女性活躍推進が企業にどのような効果をもたらすのか見ていきましょう。

日本における女性活躍推進の取り組み

2015年8月、国会で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が成立し、働きたいという希望を持つすべての女性が、その能力を発揮できる社会の実現を国が後押しすることになりました。

それを受けて、従業員数301人以上の場合は女性の活躍に対しての数値目標や取り組みを公表することが義務付けられました。
※従業員300人以下の中小企業は努力義務

【参考】法律、基本方針等/内閣府男女共同参画局

【関連】女性活躍推進法とは?企業に求められる義務と進め方、女性活躍推進の企業事例もご紹介/BizHint
【関連】女性の活躍を推進するには?課題や企業が行うべきことなど解説/ BizHint

女性活躍推進と営業利益率の関係

社会環境の変化によって、市場も大きく変化してきました。特に女性の社会進出が盛んになることで女性の経済力が高まり、購買の決定権は女性が握るようになってきました。企業はそうした市場に合わせていくため、女性消費者のニーズを掴むことが求められます。

そのため、女性社員の活躍によって、女性消費者の声を代弁し、女性リーダーによって女性社員の企画やアイディアをサービスに活かすことで、企業が成長しているケースが増えています。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む