close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ファシリテーション

2020年8月25日(火)更新

ファシリテーションとは、集団活動のスムーズな進行と成果を出しやすい環境の構築を目的とした手法を指します。近年、ダイバーシティの台頭で多様性が認められ、価値観や意見の違うメンバーが増えた事や、リモートワークなどで対面のコミュニケーションが減った事などから、よりファシリテーションの重要性が増しています。今回はこの「ファシリテーション」の意味や役割をはじめ、実施のメリット、必要なスキルから、優れたファシリテーションのポイント、研修会社まで幅広くご紹介します。

ファシリテーションとは?

ファシリテーションとは、集団活動のスムーズな進行と成果を出しやすい環境の構築を目的とした支援活動、または会議運営の手法を指します。

主に会議やプロジェクトの進行手法として活用され、合意に向けた論点整理や合意形成、参加者のモチベーション向上、アイディアの促進などの目的で行われます。また、ファシリテーションを主導する役割を担う人を「ファシリテーター」と呼びます。

異なる能力や多様な価値観をもつ人材が集まると、組織内に多様性が生まれ、さまざまな効果をもたらす一方、新たな課題も生まれます。そのため、メンバーの主体性を促進し、多様な意見とアイディアを最大限に活かす役割が求められるようになりました。

ファシリテーションは有能な人材の相互作用を促し、イノベーションの創出や問題解決、情報共有を可能とする優れた手法といえます。近年、このスキルは組織のリーダーにとって必要不可欠であるとされ、注目を集めています。


こちらの記事もおすすめ!
Web会議の進行役がやるべきことと日本企業で設定したい1つのルール。テレワークで露見するものとは?/BizHint


ファシリテーターの役割

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む