close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

リーダーシップ研修

2019年8月22日(木)更新

リーダーシップ研修とは、指導者としての統率力や指導力である「リーダーシップ」が職務上必要とされる対象者に対し、その知識や技術などを習得させるための研修の事を言います。今回は、このリーダーシップ研修について、その目的やスタイル、また近年注目されている背景やその現状、設計ステップなども交えてご紹介します。

1.リーダーシップ研修とは

そもそもリーダーシップとは、「指導者としての能力・資質。統率力。指導力。」を意味する言葉です。リーダーシップ研修は、基本的には、リーダーシップが職務上必要とされる対象者に対して、その知識や技術などを習得させるための研修を指します。

【出典】コトバンク「リーダーシップ」
【関連】「リーダーシップ」の意味とは?定義や理論、代表的なスタイルをご紹介 / BizHint

リーダーシップ研修の対象者

それでは、リーダーシップ研修は具体的にどのような人材を対象に行われるのでしょうか。

中堅社員

近年リーダーシップ研修は、まだ管理職世代ではない中堅社員を対象に実施される機会も増えています。主に、これからリーダーの役割を任される次期リーダー候補、もしくはその可能性のある人材が対象となります。

その背景には、「管理職への登用が決まってからリーダーシップを育成するのでは遅すぎる」「”次世代リーダー”の育成も視野に入れ、早期に人材育成を実施したい」などの企業側の思いがあります。

管理職社員

最もニーズが多いと言われるのが、新たに管理職に登用された人材に対する研修です。また、既に管理職であるがリーダーシップの能力が不足している、もしくはその能力に自信の無い人材も対象となります。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む