はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年6月24日(日)更新

マネジメント能力

マネジメント能力は経営者や管理職者などに必須のものです。一方で、具体的にどのようなスキルなのかということや向上させる方法が分からないという人も少なくありません。会社経営において非常に重要なマネジメント能力について解説します。

マネジメント能力 に関するニュースやイベントの情報を受取る

マネジメント能力とは?

最初に、マネジメント能力という言葉そのものの意味や定義について説明します。

言葉としての定義

マネジメント能力とは、何かの事柄を管理したりうまく運営したりする能力のことです。その管理運営の対象となるのが、企業の管理職であれば自分が責任を持つべき部署であり、経営者であれば会社の事業全体ということになります。自分が責任と権限を持つ経営資源を活用して、目的を達成していく能力ともいえます。

リーダーシップとの違い

マネジメント能力を発揮すべき人は組織やチームのリーダーでもあり、リーダーシップと同じようなものがマネジメント能力であると捉えられることがあります。しかし、リーダーシップが主に部下スタッフ等の「人」に対して向けられる能力であるのに対して、マネジメント能力とは、ヒト・モノ・カネという経営資源全体を使って組織の成果を実現していく総合的な経営管理スキルです。

管理職者にとってはどちらも必要なものですが、言葉の意味に違いがあることは認識しておきましょう。

【関連】リーダーシップとマネジメントは似て非なるもの?定義や違い、習得方法、書籍をご紹介 / BizHint HR

マネジメント能力を構成するスキル

マネジメント能力は総合的なものであり、いくつかのスキルに細分化して説明ができます。構成するスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。

戦略や課題を考えて目標を設定するスキル

組織には理念があり、最終的に達成したい目的があります。それらを実現するためにどのような戦略をとっていくのか、あるいは実現のためにどのような課題があるのかを考えることができるスキルが経営者や管理職者には不可欠です。そして、戦略と課題に応じて適切な組織目標を設定して、メンバーに正しく伝えられるということもマネジメント能力の大切な要素です。

目標や計画と進捗を管理するスキル

目標を設定し、そのための計画を立てたとしても適切に実行していかなければ成果につながりにくくなります。マネジメント能力には目標や計画を管理して進捗を図っていくスキルも含まれます。先に立てた目標や計画に対して現状はどうなっているのかを把握し、把握した内容を分析しなければなりません。分析した結果をもとに、業務の場面ごとに優先すべきことを考えて管理運営をしていきます。

部下の能力や状況を把握するアセスメントスキル

自身が管理する組織において、部下がどのような能力を持っていて、どのような状況に置かれているのかを把握することは必要不可欠です。そして、それらを正しく把握するために必要なのがアセスメントスキルであり、性格や長所・短所などの個性を理解することも含まれます。未来の成果につなげるために現状を正確に認識する能力ともいえます。

部下の能力を最大限に引き出すコーチングスキル

部下が持っている能力や長所を理解したうえで、それが最大限に発揮されるようにすることも管理職者の務めです。適切な目標設定や励ましなどで業務に対してのやる気を起こさせ、組織としての成果への貢献を促します。

特に気をつけなければいけないことの1つに本人の自主性を大切にすることがあり、したがってコーチングスキルというものもマネジメント能力に含まれます。受動的なメンバーへの個別の指示や指導に管理職者が時間を割かれることを軽減し、全体の成果向上につなげられます。

大局的な分析力と判断力

組織やチームの運営を考えるとき、何か1つの事柄や出来事にとらわれてしまうと正しい判断ができません。大局的な分析力と判断力が必要です。自部署や自社の全体を見て考えることも必要ですし、場合によっては組織を外から見るような視点や、組織を含めた社会環境全体を考えるような意識も求められることもあります。これらのスキルもまた、マネジメント能力に含まれる要素です。

専門的な職務遂行ができるテクニカルスキル

ある組織や部門が持つ専門性の高い能力を発揮することと、その組織をうまく運営していくことは別の能力として考えられます。精密な技術力をもって高品質の商品を生産する能力と、それが出来る人たちのいる部署を管理する能力が別というようなことです。

しかし、管理職に就いているとメンバーに見本を示すべき場面もあり、専門分野における一定以上の知識や技術といったテクニカルスキルも必要となります。マネジメント能力とはまったく別のものと考えるのではなく、これも必要なスキルの1つだと考えるようにしましょう。

管理職者が直面する課題

組織全体の成果を上げるには管理職者のマネジメント能力の向上が必要です。能力の向上が必要なのは管理職者が直面する課題があるからですが、それはどのようなものなのかを解説します。

マネジメント能力の向上が求められている背景

日本の企業組織では以前と比べて管理職者のマネジメント能力の向上が求められていて、その度合は下がることがありません。これは日本の企業が置かれている社会環境によるものが大きく影響し、経済のグローバル化やスピード化などが主な要因として考えられます。

また、価値が多様化して複雑になった現在の日本は、少子高齢化に代表されるような社会の状況から、成熟した非拡大社会であるともいえます。その中で企業が成果を上げていくのは容易なことではなく、リーダー層のマネジメント能力の向上が不可欠であると言われるのです。

管理職になる前と後で異なる役割

元々所属している部署で昇格して管理職に就く場合であっても、それまでとは役割が変わります。管理職になる前のメンバーとしての職務と、管理職としてリーダーになった後の職務とは必ず違いがあります。役割が異なるので必要なスキルにも違いがあり、そこに戸惑いを覚える人も少なくありません。何もしなければ部署の管理がうまく出来ませんから、新たに必要となるマネジメント能力の向上が必須となります。

管理職者の責任は組織としての成果

リーダーとなって役割が変わった管理職者は、持っている責任の範囲にも変化があります。管理職者が果たすべき責任とは、組織としての成果であるということです。もちろん1人のメンバーであっても組織の成果に責任が無いわけではありませんが、それはやはり全体におよぶものではありません。そして、管理職者が持っている組織としての成果への責任はマネジメント能力の向上によって果たされます。

マネジメント能力がないとどうなるか

マネジメント能力とは物事を管理運営する能力のことで、社長であれば会社全体の、管理職者であれば部署全体の成果を上げるための総合的なスキルです。したがって、マネジメント能力がないと組織の成果を最大にすることはできず、酷い場合には存続さえ危うくさせかねません。

マネジメント能力がない人にリーダーをさせると、業績が悪化したり職場に問題が発生したり、人材が流出したりするなど数え切れない問題が考えられます。

管理職のマネジメント能力を向上させるためにすべきこと

組織を運営するために欠かせないマネジメント能力ですが、これを向上させるためにはどのような取り組みが有効なのでしょうか。

本人ができるマネジメント能力向上の取り組み

まずは、管理職者や、管理職を目指す人が自分で行える取り組みを見てみましょう。

経営管理能力の向上をはかる

企業において必要なマネジメント能力とは、その中に経営管理能力を含んでいるといえます。経営管理能力を発揮することは目標設定能力や現状把握能力を振るうことであり、さらに組織としての能力を最大化することも要求されます。また、スケジュールや案件の進捗管理能力も重要であり、これらの力を向上させるように意識しながら日々の業務に取り組みましょう。

そのためには常に優先度を意識することが大切であり、インバスケット思考などのトレーニングを行って課題解決力をアップさせることも有効です。取り組む過程においては1つ1つ個別でもよいですが、目指すものとしては総合的な経営管理能力の向上を図りましょう。

コミュニケーション能力の向上をはかる

経済活動をする中で人間関係は非常に重要なものであり、コミュニケーション能力が高まることはマネジメント能力の向上につながります。取引先に対してはもちろん、中間管理職であれば上級管理職である上司や経営層の意図を汲み取ることがうまくなります。そして、部下やスタッフに向けてであれば、一人ひとりの状況や能力を把握したりモチベーションを高めたりすることも組織の成果につながります。そのためにコミュニケーションが不可欠であり、その能力を向上させることも大切です。

自分自身のコントロール

マネジメント能力を向上させるための方法として、自らをマネジメントすること、すなわち自分自身のコントロールをすることでトレーニングを行う方法があります。何かの業務について問題があるときにそれをどう克服するのかを考えたり、しっかりと自分の仕事について進捗の管理を行うようにしたりするものです。

何より自分のことを管理できない人が他者を含めた組織の管理などできないという考え方もできますし、規模を小さくした経営スキルの練習だという考え方もできます。自分のことを身近な素材として考えて取り組んでみると良いです。

【関連】セルフマネジメントの意味とは?行動科学の理論を活用する方法とおすすめ本をご紹介 / BizHint HR

企業の制度としてできるマネジメント能力向上の取り組み

会社組織としても管理職層のマネジメント能力向上に取り組めます。経営改善や人材育成の一環として経営者や人事部などが考えるべきことになりますが、どのような施策があるのかを解説します。

チーム構成の適正化

人が他人を管理する場合に、どうしてもその人数において限界があります。スパンオブコントロールと呼ばれる管理限界のことですが、これを踏まえた組織編成は管理職層の能力発揮の手助けとなる施策です。部署内の人数が多すぎて目が届かないようになれば部下の能力や状況の把握ができません。少なすぎてもリーダーが持つせっかくの管理能力に無駄が生じます。適切な人数ごとに部署の単位となるようにチーム構成の適正化を社内全体で実施しましょう。

管理職向けのマネジメント能力研修

あらゆるスキルは現場で鍛え上げられる可能性を持ちつつ、あらためて行う研修によっても効率的な成長が図れます。企業として管理職層のマネジメント能力の向上を願うのであれば、Off-JTでの管理職向けの社員研修も施策として検討しましょう。経営管理能力を細かなスキルに分けて学んだり、コミュニケーションによって他者に行動を促すトレーニングを経験したりします。

社内の上位評価者に講師役を務めてもらうのも良いですが、外部の研修機関に依頼するのも多様な視点を体験するよい機会になります。

マネジメント能力の適切な評価

研修によって能力の向上を図ることとあわせて、適切な評価をすることも重要です。自分のマネジメント能力を正しく評価してもらっていると感じ、そして成長が実感できるようであれば能力向上に向けてのモチベーションも高まります。リーダー達が自立的にマネジメント能力向上に励むようにするためにも、能力は正しく評価しましょう。

メンバーであるときからのアセスメント

マネジメント能力の向上は一朝一夕にはうまくいきませんから、管理職になる前の段階でなんらかのアプローチを考えることも必要です。対象はその部署における中堅社員などになります。まだ部署の1メンバーであるときから管理能力が期待できるスタッフにはアセスメントを行い、どのようなキャリア志向を持っているのかということや、望んでいる働き方などについて把握します。もちろんマネジメント能力に含まれるさまざまなスキルについても把握をしましょう。将来の幹部候補を見つけられる可能性もあります。

【関連】人材アセスメントとは?メリットとその正しい活用手法とは? / BizHint HR

メンバーであるときからの事前研修

将来において管理職として力を発揮できそうなスタッフには、あらかじめマネジメント能力に資するような内容で事前に社員研修を行って育成することも有効です。研修の中でしだいに管理監督者としての自覚を促進することもできますし、もちろんスキルアップそのものも期待できます。メンバーであるうちからある程度能力が高まっていれば、実際にその職責に就いたときに成果を上げる期待度も高まります。前述のアセスメントと組み合わせて組織全体のマネジメント能力向上につなげましょう。

【関連】社員教育とは?教育の目的、種類や教育方法、計画の立て方などもご紹介 / BizHint HR

まとめ

  • マネジメント能力とは物事を管理したり運営したりする能力であり、企業においてはチームの経営資源を活用して成果を上げるスキルの集合体といえます。
  • 全ての管理職者に必要な能力であり、向上させることは組織の成果をアップさせることに直結します。
  • マネジメント能力の向上には個人でできる取り組みと会社として実行したい施策があるので、うまく組み合わせて組織全体の成果につなげましょう。

注目の人事トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計20,000人以上の会員が利用しています。

BizHint HRの会員になるとできること

  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • BizHint HR限定公開の記事を読める
  • 実務に役立つイベントに申し込める
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

チーム・組織開発の記事を読む

ニュースやイベントの情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次