close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

行動科学マネジメント

2018年10月26日(金)更新

行動科学マネジメントとは、欧米のマネジメント手法をもとに、日本企業向けに応用された人材マネジメントのことを指し、行動を科学的に分析し、行動のみに焦点をあて社員のやる気をアップさせる技術です。 今回はこの「行動科学マネジメント」について意味や詳細、具体的な方法についてご紹介します。

行動科学マネジメントとは?

行動科学マネジメントとは、アメリカで採用されていたマネジメント技術をもとに、日本企業のビジネス手法や日本人の価値観に合わせて応用された人材マネジメントです。

人間の行動を科学的に分析し、数値化可能な実績から導き出された理論によって生み出されました。

【関連】人材マネジメントとは?意味と課題、戦略の組み方を紹介します / BizHint HR

行動科学マネジメントの成り立ち

行動科学マネジメントの源はアメリカにあり、もともとは「行動分析学」という学問をもとにした人材マネジメントです。「行動分析学」は人間の行動を科学的に分析する学問で、抽象的な概念や数値化できない要素を排除し、行動のみに焦点を当てます。

行動科学マネジメントも、「感情」という曖昧なものに頼らず、人が行動するためのポイントを科学的に分析し、社員のやる気やモチベーションの底上げにつなげるのです。

その効果は業種や規模に関わらず発揮され、ビジネスの場だけでなく、教育現場やセルフマネジメントにおいても実証されています。

一般的なマネジメント手法との違い

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む