close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ポータブルスキル

2020年2月6日(木)更新

ポータブルスキルは、性格や人柄など、資格や経験だけでは図り切れない能力を評価するための基準です。まずはポータブルスキルの定義や分類ごとの内容、採用活動や人事考課などで活用する際のメリットについて説明をしていきます。また、ポータブルスキルを高めるための研修の内容や、実際に研修システムを設定している企業の情報も提供します。

ポータブルスキルとは?

ポータブルスキルとは、特定の業種・職種・時代背景にとらわれない能力のことです。たとえば、真面目さや積極性、几帳面さなど、その人のことを表す性格や人柄などの評価をいいます。資格などのように、明確な基準がないことが特徴です。

なお、人物を評価する際に基準となるスキルには、前述のポータブルスキルの他、スタンス・テクニカルスキルが挙げられます。このポータブルスキル、スタンス、テクニカルを下図のようにピラミッド状で表すと、一番底辺の部分がスタンス、真ん中の部分がポータブルスキル、頂点となる部分がテクニカルスキルとなります。

スタンスとは

スタンスとは、その人が物事に対峙する際に取る立場や姿勢などのことです。ビジネススキルにおけるスタンスには、「自身がキャリアを築く際に抱く感覚や意識」という意味合いが含まれています。

なお、仕事に対する基礎的な能力を図る基準となる「ビジネスポテンシャル」や、仕事のやる気を起こさせる原動力となる力である「モチベーション」を指す場合もあります。

テクニカルスキルとは

テクニカルスキルとは、特定の業界や職種で必要とされる能力のことです。

専門性が高い仕事を進めるにあたり、必要となる又は求められる知識や資格のことで、テクニカルスキルを有する者は現場の最前線で活躍をすることができます。また、能力の詳細を履歴書に記載することで、就職や転職の際に自身の強みとしてアピールをすることが可能となります。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む