close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ストーリーテリング

2020年2月19日(水)更新

近年ビジネスシーンでの活用が注目されている「ストーリーテリング」。事実をただ提示するのではなく、「物語」として伝えることで、相手により強い印象を与えることができる手法です。特にプレゼンテーションなどの場面において効果を発揮します。今回は、その本来の意味から、得られる効果、ストーリーテリングが有効な場面、タイプ別のプレゼンテーションでの使い方、具体例まで、確認していきましょう。

ストーリーテリングの意味とは

ストーリーテリングとは、本来文字通り「物語を語る」ことを意味する言葉で、「昔話」や「童話」などがそれに当たります。具体的なキャラクターたちが、仲間とともに経験する出来事を紡いだ物語は、時代を超えて受け継がれています。

そして近年、ビジネスシーンにおいてもストーリーテリングの重要性が注目されています。

ビジネスにおけるストーリーテリング

ビジネスにおけるストーリーテリングとは、事実をただ提示するのではなく、「物語」として語ることで、相手により強い印象を与えることができる手法を指します。

事実をストーリーとして共有することで、メッセージの共感度が高まると考えられています。

例えばプレゼンテーションの場面で、単なるデータと事実の積み重ねから主張を述べていくだけでなく、具体的なエピソードなどを盛り込み、ストーリー性をもたせて発表することが「ストーリーテリング」の手法です。

また近年では、Webサイトの構成や、企業の販売戦略、採用戦略といったマーケティングの文脈でもストーリーテリングが注目されています。

企業ビジョンやミッションを語る上でも、ストーリーテリングは非常に重要な役割を持ちます。

リーダーシップを発揮するためにも、身につけておきたいスキルのひとつです。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む