close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

ロジカルシンキング

2020年2月26日(水)更新

ロジカルシンキングとは、問題を分解して整理し、結論を導き出すための思考法です。これにより、問題の本質や解決策が導きやすくなるだけでなく、習得することで課題解決能力や説得力のあるアウトプット能力が身につきます。今回はこのロジカルシンキングについて、注意点や導入メリット、代表的な概念とフレームワーク、問題解決のプロセスから、トレーニング法まで幅広くご紹介します。

  • Icon facebook
  • Icon twitter
  • Icon hatebu
  • Icon pocket

目次

ロジカルシンキングとは?

ロジカルシンキング(logical thinking)とは、和訳すると「 論理的思考 」という意味です。

問題を分解して整理することで、仮説の検証に必要な情報と分析作業を明らかにし、適切な判断によって結論を導き出す 思考法の1つであり、筋道を立てて考えることが特徴です。

複雑に絡んだ問題を各要素に分解して整理することで、問題への理解を深めます。そこから仮説を立て、収集した情報や分析結果を基に検証し、結論を導き出します。

ロジカルシンキングは、自分の考えを相手に分かりやすく伝えるビジネススキルとして、問題解決や情報整理など様々なシーンで活用されています。

クリティカルシンキングとの違い

クリティカルシンキング(critical thinking)とは、和訳すると「 批判的思考 」という意味です。批判とは、結論に至る思考の論理や情報収集、分析結果について、常に「本当にそうだろうか?」という問いを持って客観的な視点で見ることで、よく吟味して見定めること**。それによって、より良い結論に辿り着く可能性を高めることを目的としています。

ロジカルシンキングとの違いは、思考する過程にあります。ロジカルシンキングでも、客観的な視点から問題について考えますが、クリティカルシンキングは 前提や要素、論理など全般に渡って「本当にそうだろうか?」という問いを持って思考 します。

両者は相反する思考法ではなく、ロジカルシンキングにクリティカルシンキングを取り入れることで、より正しい結論に辿り着くことができます。

【関連】クリティカル・シンキングとは?基本姿勢や他思考法との違い・研修会社や書籍までご紹介 / BizHint

ラテラルシンキングとの違い

ラテラルシンキングとは、 既成事実や概念に囚われずにアイデアや結論を導き出すための思考法 です。この基本は、「前提を疑う」「新しい見方をする」「組み合わせる」の視点から考えることで斬新な、あるいは創造的なアイデアや結論を導き出します。

ラテラルシンキングは、物事についての発想を横方向へ広げて考える特徴から、「水平思考」とも言われています。一方、ロジカルシンキングは物事を深く掘り下げて考えるため、「垂直思考」と言われます。

その違いは考える前提が異なることです。ロジカルシンキングは、問題について常識や前提を基に考えるのに対し、ラテラルシンキングは 常識や前提に囚われずに考える ことにあります。

【関連】ラテラルシンキングとは?ロジカルとの違いや鍛え方、おすすめ本もご紹介 / BizHint

ロジカルシンキングの注意点

ロジカルシンキングの注意点として、 論理的には正しい結論でも、導き出した結論と現実がかけ離れたものになる可能性 が挙げられます。現実には突発的な出来事が起こる可能性があるため、理論通りにはいかないことも。そのため、現実に即した論理展開を心がける必要があるのです。

また、ロジカルシンキングは既成の前提に基づいた問題解決に向いていますが、今までにないイノベーションやクリエイティブなものを生み出したい場合には不向きです。

ロジカルシンキングのメリット

ロジカルシンキングを身につけることで仕事に役立つメリットには、どのようなことがあるのでしょうか?

ロジカルシンキングで問題解決力が身につく

ロジカルシンキングを身につけることで問題を明らかにし、それに対して解決策となる答えを出せるようになります。ロジカルシンキングの基本となるフレームワークを活用することで、問題の全体を漠然と考えるのではなく、複数の視点から要素に分解して考えられるようになります。

ロジカルシンキングを使って、 問題の要素や根拠となる情報から結論を導き出せるようになれば、高い問題解決力 が身につきます。さらに思考が早くなれば、業務効率や生産性の向上にも効果的です。

相手が理解しやすく説得力のあるアウトプットができる

アウトプットとは、何かを発信したり生み出すことを意味します。仕事では、自分の考えを伝えるために相手に話したり、企画書や報告書などを書く必要があります。相手が理解し、納得してもらうためには、分かりやすく説得力のあるアウトプットにしなくてはいけません。

ロジカルシンキングを活用して 問題を整理し、相手より深く、広く考えた上での意見や結論をアウトプット できれば、相手からの信頼も高まり、仕事も順調に進むようになります。

ロジカルシンキングの代表的な概念とフレームワーク

ここでは、ロジカルシンキングの基本となる代表的な概念と、2つのフレームワークについてご説明します。

代表的な概念「MECE」

MECEとは、「Mutually」「Exclusive」「Collectively」「Exhaustive」の頭文字をとった言葉で、ミーシーやミッシーと読みます。意味は「 モレなくダブリなく 」です。

検討対象となる全体像に モレ があると、正しい結論に辿り着くことができなくなってしまいます。例えば、成熟した市場における売上目標を達成するためには、新規顧客の開拓だけでは不十分で、既存顧客のリピートをどのように増やしていくかも重要です。

一方、 ダブリ があると何度も同じことを考えることになり、効率が悪くなります。一見違う視点に見えてもダブりのある場合があるため、注意が必要です。例えば、「仕事の成果アップ」について考えた時、「時間を効率的に使う」と「業務に必要なスキルを磨く」は必要なスキルを磨けば効率的に時間を使うことが出来るので、ダブりとなります。これを「業務に必要なスキルを磨く」と「社内の横のつながりを広げて視野を広げる」とすると、ダブリがなくなって効果的に考えることができます。

常にMECEを意識することで、考える要素のモレやダブリを防ぐことが可能です。

【関連】ロジカルシンキングの基本「MECE」とは?代表的なフレームワークもご紹介/ BizHint

フレームワーク①「ロジックツリー」

ロジックツリーとは、先ほどご紹介した概念「MECE」と関係の深いフレームワークです。一つの事柄について 「モレなくダブりなく」ツリー状に分解し考察 する手法で、問題の本質が見出しやすく、課題解決が容易となります。

このロジックツリーは、目的別に以下の3つの種類があります。

  • Why(原因追求)ツリー …問題の原因を求める
  • How(問題解決)ツリー …課題の解決策を探る
  • What(要素分解)ツリー… 一つの事柄の要素を分解する

ロジックツリーを使うことにより、MECEに考えられるだけでなく、そのプロセスを可視化することができ、要素ごとの関係性の把握や、解決策がより具体的になるなど、様々なメリットがあります。

フレームワーク②「ピラミッド構造」

ピラミッド構造とは、 問題や物事を分解してシンプルに表現することで構造を見える化し、思考しやすくする ためのものです。形状がピラミッドに似ているところから、そのように呼ばれています。

ロジックツリーと似ていますが、一つの主張へ導いていくために複数のデータを集め、論理的に配列していく目的で使用されます。

ピラミッド構造は紙に書き出すことがポイントです。一目で全体や個々の関係性を理解しやすく、書くことで右脳が活性化されます。また、抜け漏れを発見しやすくするほか、新たな発想が湧いたり、理解を深めることにも役立ちます。

ピラミッド構造は人間の思考パターンにフィットしやすいため、仕事だけでなく、日常生活の出来事にも活用することでロジカルシンキングを鍛えることができます。

【関連】ピラミッドストラクチャーとは?論理展開ツールの活用メリットや作成方法もご紹介 / BizHint

ロジカルシンキングを活用する論理展開の手法

フレームワークによって問題を要素に分解し、整理した内容から結論を導き出すための主な2つの論理展開の手法についてご紹介します。

演繹法

演繹法とは、 普遍的あるいは既成の大前提から結論を導き出す推論の方法 です。一般的には三段論法の形で表現され、「AならばB」、「BならばC」つまり「AならばC」という流れで結論を導き出します。

例えば、「企業(A)は物事(B)である」という事実に、「物事(B)には終わり(C)がある」という大前提を当てはめると「企業(A)はいつか廃業(C)する」という結論を導くことができます。

シンプルな論理構成で強い説得力がありますが、一方で前提や当てはめる事実、関係性に誤りがある場合、論理が破綻して成り立たなくなります。演繹法は前提と事実が正しいか、どのような関係性にあるかについて、裏付けや根拠を取るなどよく確認することが非常に重要です。また、議論をする場合には前提について相手と共有しておく必要があります。

帰納法

帰納法とは、ある 事実に対して具体例を挙げ、共通するものを一般化して結論を導き出す方法 で、ビジネスシーンではよく用いられています。「AならばBである」という結論を導くために、具体例、つまり具体的な要素を挙げていきます。

例えば、

  • A社の社訓は顧客第一だ
  • A社の社長は自らオペレーターとして顧客の意見を聞く
  • 顧客の意見は社長にも共有され、A社は24時間以内に対応している

といった具体的な要素から、「 A社は顧客を大切にする会社だ 」という結論を導きます。

このとき、具体的な要素では言えないことを結論に含めると説得力がありません。例えば、先ほどの具体的な要素から「A社は世界一顧客を大切にする会社だ」という結論を導いたとすると、他社との比較といった具体的な要素が欠けていて、飛躍しすぎていています。

帰納法を使うときは、具体的な要素から導ける結論か、具体的な要素にヌケ、モレがないかをよく確認する必要があります。また、結論と反対の意見があると、結論が成り立たなくなる危うさがあります。「AなのにBではない」とならないよう、よく確認することが大切です。

ロジカルシンキングを使った問題解決のプロセス

ロジカルシンキングのフレームワークと論理展開の手法を活用することで、問題を解決することができます。ここでは、問題解決までのプロセスについてご説明します。

問題に対する仮説を立てる

あるべき姿と現状にギャップがなければ問題にはなりません。そのため、問題に対して正しい結論を導くためには、 「あるべき姿」と「現状」を明確に する必要があります。問題に対してMECEやフレームワークを活用して問題について分解したら、その時点でのより具体的な仮説を立てていきます。

仮説を立てることによって、何を明確にすべきかが把握できるため、必要な情報や分析した結果を上手く活用することができます。こうして仮説を立てることで思考の堂々巡りや情報の海に溺れることを防ぐことができます。

また、分析した結果から仮説が成り立たないことが分かった時点で、新たな仮説を立て直すことができるため、より早く、正しい結論に導く足掛かりとなります。

仮説を検証してみる

立てた仮説を検証していくには、それに 必要な論点で構成されたピラミッドとなるイシューツリーを書いて いきます。

イシューツリーの始まりは仮説で、その仮説に対する論点を挙げて、それぞれ正しいか否かをYesかNoで答えていきます。論点が全てYesなら、仮説を結論とすることができます。

イシューツリーを書きながら、「仮説を検証するために必要な論点は何か?」を突き詰めていくと、主要な論点が浮かび上がってきます。仮説に対する論点で構成されるイシューツリーを書くことで、論点の優先順位や重要度が見えてくるため、順位や重要度の低い論点は切り捨てることができ、効率的に問題解決まで辿り着けます。

情報収集や分析作業によって仮説を進化させる

仮説は、事実や分析結果の裏付けがあってはじめて結論となります。そのため、情報収集や分析作業によって仮説は進化していきます。

例えば、「商品Aの売上げをアップするには、Aにかける営業時間を今より増やすことだ」という仮説を立てた場合、商品Aにかける営業時間を分析した結果、今と変わらないことが分かれば、仮説は間違いだったことが分かります。情報収集から、次に確からしい仮説が「商品Aの購買率をアップすることだ」なら、営業手法の質や、ニーズの変化などを分析しましょう。

このように 新しい事実によって仮説が進化すると、それに必要な情報収集や分析作業が見えて きます。この繰り返しで仮説は進化していきます。

Why so?/So what?で仮説の精度を上げて結論を出す

Why soは「なぜそうなのか?」で、辿り着いた結論はどのような根拠に裏付けられているかを問いかけます。そうして問題の原因を見極めることで、問題の構造を明らかにし、解決の糸口を見出します。

So whatは「だから何なのか?」で、事実や分析結果から何が言えるのかを問いかけます。それによって仮説が進化して結論が明確化されます。

結論を頂点にして根拠の積みかさねで構成されたピラミッド構造を、上から下へWhy so?で問いかけ、下から上へSo what?で問いかけてみることでピラミッド構造の精度を上げていくことができます。こうして 論理がより精密になることで、精度の高い結論が導き出され ます。

ロジカルシンキングのトレーニング方法

スキルは「知っている」から「使える」ように鍛える必要があります。ロジカルシンキングは、常に意識して使うことでトレーニングできます。上司や同僚に話すときは、まず結論を伝え、次にその理由を複数伝えることを習慣化することが効果的です。

この他にも、いくつかのトレーニング方法についてご紹介します。

日常の出来事をMECEやフレームワークを使って考える

日常の出来事や目にしたことをMECEやフレームワークを使って考え 、思考のクセをつけることが、ロジカルシンキングを使えるようになる一番の近道です。ロジカルシンキングの基本的なスキルは、問題をMECEでモレなくダブリなく分解していくことです。

例えば、飲食店の儲けはどれくらいかを考えるには、座席数、回転率、客単価から売上げを計算し、原材料費、人件費、光熱費、賃料を引いて計算してみます。このような日常から問いを立てて定量化してみるトレーニングは、ロジカルシンキングを鍛えるには効果的です。

問題を深く理解するために数字感覚を身につける

問題を数字で見ることで、そのレベル感や重要度が分かり、深く理解するのに役立ちます。例えば、「商品Aの売上げが50%落ちた」場合、全体の売上げから見た商品Aの売上げが1%だった場合、商品Aの売上げ低下問題のレベル感や重要度は自ずと理解できます。

このように、 数字感覚を持つことで、問題をより正確に把握することができる ようになります。数字の中で特に重要なのは、「絶対値」です。先ほどの例では、全体の売上げが絶対値に当たります。割合や比率で考えると、数字のトリックにはまる原因になります。日ごろから絶対値を意識し、物事や問題を定量的に捉えることが大切です。

セルフディベートで論理的思考を補強する

ロジカルシンキングから導き出した仮説をより客観的なものにするためには、自分の立場を離れて、 別の立場から頭の中でセルフディベート を行ってみましょう。自分で立てた仮説の論理を違う切り口から捉えることで、新たな仮説を思いつくなど幅が広がります。

例えば、「商品Aの売上げが落ち続けているので製造を中止するか?継続するか?」という問題に対して、「今後製造し続けても売上アップは見込めない」という仮説に辿り着いたとします。

反対の意見の人からは「ライバル会社から類似商品が出て一時的に売上げは落ちているが、商品Aには〇〇という付加価値があるので、売上は回復するのでは?」といった議論が出てきます。

また、顧客から見たら、「商品Aは○○にも活用できるから、これを強化する改善を行えば、他のターゲットにも売れるだろう」、「そもそも商品Aのコンセプトが時代のニーズからかけ離れているので新商品を開発するべき」などの提案も出てくるかもしれません。

問題を主体的に考えるクセをつける

ロジカルシンキングの力を鍛えるためには、 問題に対して主体的に考える ことが大切です。

こうした姿勢を身につけるには、例えば、仕事で作成した報告書について、自ら上司の視点で「ここはもっとこうしたほうがよい」という指摘を入れる。あるいは会議で出た意見に対して「この意見はこの点についての根拠が弱い」、「この論理はこのような理由で成り立たない」のように様々な場面で自分事として考えることを習慣化します。

考える力がアップすることはロジカルシンキングの土台になります。

ロジカルシンキングを学べるおすすめ本のご紹介

ロジカルシンキングを身につけるために正しい知識を学ぶことからはじめましょう。ここではロジカルシンキングを学べるおすすめ本をご紹介します。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則/バーバラ ミント

本書は1973年に発刊後も版を重ねるロングセラー本です。ミント氏は、マッキンゼー社で女性初のコンサルタントとして活躍していた当時、自分の考えを分かりやすく伝えるためにピラミッド構造を使った論理構成を考案しました。本書ではピラミッド構造を使った文書作成術を中心に、ロジカルシンキングや問題解決手法についても書かれています。

本書は4部構成で、第1部では、ピラミッド構造の原理と構成の基礎について説明し、第2部ではピラミッド構造の精度を上げるためのスキルが紹介されています。第3部では問題解決に使う様々なフレームワークの紹介と使い方について、第4部ではピラミッド構造をどのように表現すれば分かりやすく伝わるかについて書かれています。

【参考】Amazon.co.jp/考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則(バーバラ ミント)

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法/山崎 康司

バーバラ ミント氏の『考える技術・書く技術』で紹介されているピラミッド構造について、事例を挙げて分かりやすく説明されています。そのほか、日本語での文書作成術についても仕事に活用できるノウハウが数多く紹介されています。また、練習問題があるので理解度のチェックにも役立ちます。ロジカルシンキングの入門書として、特に社会人経験の浅い20代前半の方におすすめの本です。

【参考】Amazon.co.jp/入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法(山崎 康司)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル/照屋華子、岡田恵子

本書は、ロジカルシンキングで論理を構成する技術のうち、特にMECEやSo what?/Why so?について詳しく説明しています。これらを活用して相手に分かりやすく伝えるためのパターンについても紹介されています。その狙いは、体系的でシンプルかつ実践しやすいロジカルなコミュニケーション術を習得することにあります。本書はロジカルシンキングやロジカルな表現力を身につけるための基礎について学べます。

【参考】Amazon.co.jp/ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル(照屋華子、岡田恵子)

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉〈下〉/バーバラ ミント

ロジカルシンキングについて学んだ知識を、例題を解いてトレーニングするための本が、ミント氏の著書『考える技術・書く技術』の書き込み式ワークブックです。 〈上〉では、特にピラミッド構造の例題が中心で、問題を要素に分けて体系的に捉えることを重点的に演習できます。〈下〉では、『考える技術・書く技術』で紹介されたフレームワークや論理展開を活用して明快な論理構造を作成し、分かりやすい文章作成力を身につけるための演習問題となっています。

【参考】Amazon.co.jp/考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉(バーバラ ミント)
【参考】Amazon.co.jp/考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉(バーバラ ミント)

まとめ

  • ロジカルシンキングは問題を要素に分解して整理することで論理構造を明確にできるため、相手に分かりやすく説得力のある考えを伝えるために必須のビジネススキルです。
  • ロジカルシンキングはMECEやロジカルツリー、ピラミッド構造を使って問題を整理し、演繹法や帰納法で論理を展開するのが代表的な方法です。
  • ロジカルシンキングは仕事や日常生活で活用することで身につきます。それによって仕事での問題解決力の習得や生産性の向上に役立ちます。
  • Icon facebook
  • Icon twitter
  • Icon hatebu
  • Icon pocket

組織開発の記事を読む

仮登録メール確認