close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

フィードフォワード

2018年11月20日(火)更新

「失敗から学ぶ」ということは、人が成長するための欠かせない要素です。ビジネス上の経験が長けている上司からのフィードバックは、部下が成長する上で必要なアドバイスといえます。一方で、フィードフォワードという新たな人材育成方法が注目されています。今回はフィードフォワードの意味やメリット、活用方法をご紹介いたします。

フィードフォワードとは?

新たな人材育成方法のひとつであるフィードフォワードは、その意味や注目されている背景、フィードバックとの違いを知ることで、理解を深めることができます。

フィードフォワードの意味とは

フィードフォワードとは、未来完了形の自己変革を目的としたアイデアを周囲の人間から集める、人材育成の手法を指す人事用語です。人は「知的学習において、フィードバックのような意見の収集を本能的に認めたがらない」とされており、フィードバックに代わる新たな人材育成方法としても注目されています。

フィードフォワードは、結果から軌道修正を行なうフィードバックと異なり、解決策に焦点を当てた未来を見据えたアドバイスを重視しています。そのため、部下やチームメンバーへの批判的なアドバイスの抑制、前向きな姿勢・自主性の育成および訓練に効果的といわれています。また、助け合いの精神で、チーム全体で取り組まれることから、組織のコミュニケーションの円滑化や結束力の強化、客観性の担保にも効果的です。

コーチングや業務のワークフローとも併用しやすく、現場の人材育成力の強化にも効果が期待できます。

フィードフォワードが注目されている理由

フィードフォワードが注目される理由には、「組織力強化に向けた自発性の高い社員の育成」が理由と考えられます。

経済のグローバル化に伴い、日本企業の多くが全体最適が進む中、現場のチームワークは組織力の向上に欠かせません。そのため、チームメンバーや部下自身が「自ら考え、行動する」自発性の高い人材育成が急務といわれています。しかし、自己の成長のために活用されていた フィードバック (360度評価)は、評価対象となる人の「負の感情」を生みやすく、自由裁量を阻害してしまうデメリットが生じます。

そのため、組織力を向上させる上では、社員の自発性を阻害してしまうフィードバックよりも、メンバーひとり一人の意識改革と自発性の向上が期待できるフィードフォワードに注目が集まっていると考えられます。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む