close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材管理

2019年3月6日(水)更新

人材管理は人材マネジメントとも呼ばれ、企業の経営戦略・ミッション等を実現するために、人材を効率的に活用しようとする取組みの事を言います。今回は、この人材管理についてご紹介します。

1.人材管理とは

人材管理(人材マネジメント)とは、企業の経営戦略・ミッション等を実現するために、人材、つまり「人的資源」を効率的に活用しようとする取組みの事を言います。

具体的には、人材活用の仕組みの整備をはじめ、社員一人ひとりに対する人事的な取組みの事を指します。

2.人材管理が必要な理由

それでは、なぜ人材管理が必要なのでしょうか。

人材管理が必要な理由

日本の市場はグローバル化が進み、人材の多様化も叫ばれています。また、昨今の変化の激しいビジネスシーンでは、画一的ではない、個人の志向やスキルに見合った柔軟な人材配置が求められています。 ここで、企業が「人材管理が自社の競争力を高める」と認識している事を示す、ある調査をご紹介します。独立行政法人労働政策研究・研修機構が、従業員30人以上の企業約2,700社の回答を元に報告した「構造変化の中での企業経営と人材のあり方に関する調査(2013年)」では、「自社の競争力を更に高めるため、強化すべきもの」という問いに対し、「人材の能力・資質を高める育成体系」と回答した企業がトップの52.9%となりました。また「従業員の意欲を引き出す人事・処遇制度」と回答した企業も39.5%と、その意識の高さが伺えます。

【出典】独立行政法人 労働政策研究・研修機構「構造変化の中での企業経営と人材のあり方に関する調査(2013年)」

人材管理を構成する要素

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む