close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

フィッシュ哲学

2018年7月20日(金)更新

フィッシュ哲学とは、アメリカの魚市場発祥の組織活性化・人材マネジメント手法です。飲食、接客、販売業など、サービス業を営む企業のみならず、教育や医療・看護現場なども含め、広く導入されています。シンプルな行動原理から構成され、明快さとスタートしやすさが好まれる一方、導入には注意が必要です。この記事では、フィッシュ哲学の概要や実践事例、導入に関する注意点について解説します。

フィッシュ哲学とは

フィッシュ哲学とは、アメリカの魚市場発祥の組織活性化・人材マネジメント手法です。仕事へ取り組む態度を自分で選択し、前向きに楽しみながら目の前の顧客に向き合うことを理念としています。

シンプルな行動原理から構成され、サービス業を営む企業のみならず、教育や医療・看護現場なども含め広く導入されています。特に日本では医療・看護現場での導入が盛んで、看護師と患者間のコミュニケーション改善や、看護部門の組織活性化を目的としたマネジメント手法として利用されています。

アメリカ・シアトルのパイクプレイス魚市場が発祥

フィッシュ哲学の発祥の地は、アメリカ・シアトルのパイクプレイス魚市場です。魚をキャッチボールのように放り投げるパフォーマンスで有名な、地域を代表する観光スポットでもあります。

今では観光客も多く活気に溢れた姿が見えますが、かつてはさびれた魚市場で、離職率が高く職場としての雰囲気も悪かったと言われています。その魚市場が「世界的に有名になる」ことを目指し議論と改革を重ねた結果、組織活性化に成功し、世界で最も有名な魚市場となりました。

その様子を見た経営コンサルタントのスティーブン・ランデン氏、ジョン・クリステンセン氏が感銘を受け、映像を撮り理論化しました。その理論が「フィッシュ哲学」です。

【参考】株式会社日本看護協会出版会: 看護 2008年5月臨時増刊号

フィッシュ哲学導入の目的・効果

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む