close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

企業文化

2020年12月4日(金)更新

企業文化とは「従業員の間で意識的あるいは無意識的に共有されている価値観や行動規範」です。優れた企業文化は企業に大きな競争優位性をもたらしてくれます。企業文化は各企業の歴史や伝統、経営者の思考がベースとなっており、その内容は企業によって大きく異なるため、自社独自の企業文化を形成しなければ十分な成果を得ることができません。当記事では、独自の優れた企業文化を形成するために必要な情報やノウハウを、メリットと注意点、形成要素、醸成方法、企業事例などの項目に整理して分かりやすく説明します。

企業文化とは

企業文化とは、「従業員の間で意識的あるいは無意識的に共有されている価値観や行動規範」です。英語では「corporate culture」や「company culture」と表記します。

戦略的に扱う場合には、「ビジョンの実現やミッションの達成を目的として、全従業員で共有する価値観や行動規範」となります。

優れた企業文化は競争優位性の源泉になる

企業文化は、従業員の判断や行動に大きな影響を与え、外部からその企業を見た時のイメージにも結び付く重要なものです。

企業文化はその企業と従業員たちが長い時間をかけて作り上げてきた独自のものであり、模倣しても同じ効果を得ることはできません。マネジメントの父として多くの功績を残したピーター・ドラッガー氏も、企業文化の重要性を「企業文化は戦略に勝る(Culture eats strategy for breakfast)」という言葉で表現しています。

優れた企業文化は「全ての従業員が創業者や経営者の思いを正しく理解し、自分の役割を素直に受け入れ、同僚やチームメンバーと連携を図ることができる環境」を作り上げてくれます。従業員たちは、周辺環境の変化に戸惑うことなく迅速かつ柔軟に立ち回り、企業にとって最善の判断や行動をすることができるようになるでしょう。

自社で多くの成果をあげられる人材の獲得や育成を容易にし、長期に渡って高いパフォーマンスを発揮してもらえる状態は、競争優位性に繋がります。そのため、いち早く企業文化の醸成や変革に取り組む必要があるのです。

戦略的企業文化の5つの条件

企業文化が共通の価値観だと聞くと、抽象的な精神論かと思われることもありますが、成功企業の多くは、企業文化を仕組みにまで落とし込み、戦略的に活用しています。

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む