close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材マネジメント

2018年11月21日(水)更新

人材マネジメントとは組織構成員である従業員を重要な経営資源の一つとして認識し、経営理念の実現や経営戦略の推進のために活用する人事戦略です。企業に多くのメリットをもたらす優れた人材マネジメントを運営することができるよう、効果を最大化させるためのポイントや企業の成功事例を踏まえながら解説致します。

目次

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは企業目標の達成に向けて企業が一丸となるために実施する総合的な人事施策であり、激しい経済戦争を勝ち抜く企業を作り上げるために欠かすことのできない重要戦略です。

人材マネジメントの意味

マネジメント(management)には、『経営管理』や『目標達成に向けて必要な対策や分析』といった意味があります。

人材マネジメントは従業員一人一人に対して個人の持つパフォーマンス力を最大限に活かすためにはどのような企業努力や工夫が必要なのか検討し実施する作業であるため、一般的に事業規模と人材マネジメントの実施負担は比例するといわれています。

【関連】マネジメントとは?ドラッカー理論・成功のポイント・様々な手法までご紹介/ BizHint HR

人材マネジメントの構成要素

人材マネジメントを構成する要素は、人材採用、人事評価、人材育成、能力開発、人材配置、異動、昇進、昇格、報酬設定など、日頃から行っている人事業務とほぼ同様のものとなります。

ただし、人材マネジメントではこれらの要素を単独ではなく一体的に扱うという大きな特徴があります。経営者の思いや企業ビジョンといった経営側の思考を意識的に取り込み、その実現を目指して戦略的に運用される人材マネジメントは従業員と企業の成長に大きな力を与えることになるでしょう。

人材を人財として扱う

この動画もあなたにオススメ

組織開発の記事を読む