close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

マネジメント

2020年2月20日(木)更新

マネジメントとは、「経営管理」などの意味を持つ言葉で、「マネジメントの父」と呼ばれるP.F.ドラッカーは著書の中で「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と定義しています。今回は、このマネジメントの意味をはじめ、果たすべき役割や仕事内容、各種マネジメント方法など、徹底解説いたします。

1.マネジメントとは

マネジメントとは、直訳すると「経営」「管理」などの意味を持つ言葉です。具体的には、組織の目標を設定し、その目標を達成するために組織の経営資源を効率的に活用したり、リスク管理などを実施する事を言います。

そもそも「マネジメント」は、アメリカの経営学者P.F.ドラッカーが生み出した概念であると言われています。ドラッカーは著書の中で、マネジメントを「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と定義しています。

【出典】weblio英和辞典・和英辞典「management」
【出典】P.F.ドラッカー(1999)「明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命」ダイヤモンド社

●マネジメント能力を高めるための研修について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
【関連】BizHint「マネジメント研修とは?その目的や実施ポイント・研修内容例や研修会社までご紹介」

マネージャーとは

マネジメントを実際に遂行する人を、マネージャーと呼びます。ドラッカーはこのマネージャーについて「組織の成果に責任を持つ者」と定義しています。具体的には、組織の目標を設定し、組織を作ります。そして部下の動機付けやコミュニケーションをはかり、その部下を評価し、それを元に人材育成するという使命を持った役職です。

マネージャーの役割の詳細については「4.組織マネジメントの5つの仕事」でご紹介します。

【関連】BizHint「マネージャーとは?求められる役割、能力について解説します」

この動画もあなたにオススメ