close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

コーチング

2020年4月17日(金)更新

コーチングとは、コーチがクライアント(コーチングの対象者)との対話を通して目標達成のプロセスを支援することです。コーチの質問に答える過程でクライアントは自ら考え、新たな視点や必要な気づきを得て、自主的に行動する状態へと促されます。今回はこのコーチングについて、特徴やティーチングとの違い。その実施目的とゴール。適している対象者、実施するメリット・デメリット、さらにはコーチに必要なスキルから、活用シーン、おすすめ書籍など幅広くご紹介します。

コーチングとは

コーチングとは、コーチ(コーチングを実施する者)とクライアント(コーチングの対象者)が対話を重ねることで、目標達成に必要な視点や考え方、スキルなどへの気づきを促し、自発的な行動を支援することを言います。

コーチングでは、「答えはクライアントの中にある」という考え方に基づいてクライアントと関わります。コーチは「コーチングスキル」を用いて、クライアント自身も気づいていない様々な可能性を引き出します。

コーチングの語源

コーチ(coach)の語源は「馬車」であると言われています。馬車は乗客を現在地から目的地まで送り届けることから、教育分野やスポーツ分野など幅広く指導者を表す言葉として用いられるようになりました。

ここから派生して、動詞形のコーチング(coaching)では、「クライアントの目標達成を支援する」という意味で使われるようになりました。

コーチングの特徴

コーチングには、以下のような特徴があります。

  • 目標設定、達成方法の選択、行動を起こす主導権はクライアントにある
  • コーチとクライアントは対等な関係にある
  • コーチングは目標のレベルに合わせて3か月間、週に1回など一定期間継続して行う

コーチングとティーチングの違い

この動画もあなたにオススメ