close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

部下育成

2019年12月20日(金)更新

部下の育成は多くの上司にとって悩みの種です。一日も早く部下を育て上げなければならないというプレッシャーを感じながら、育成以外の仕事もこなさなければならない心中は計り知れません。当記事では、部下育成に頭を悩ませている上司の方々に向けて、「部下を育てる」ということを明確にし、部下育成において重要な5つのポイントを分かりやすく解説していきます。


~この記事でわかること~

  1. 管理者やマネージャーが意識すべき本当の「部下育成」について
  2. 成長を支援していく上で重要となる5つのポイント
  3. Googleにおける優れたマネージャーの行動規範から読み解く「良い上司」

「部下を育てる」とはどういうことなのか

部下を一人前に育てる 」という表現をよく耳にしますが、「一人前」とは一体どのような状態を指すのでしょうか。

企業にとって最も重要な経営資源は「人材」です。その人材を一日も早く育て上げるため、上司である管理者やマネジャーは、「一人前」という状態を正しく理解し、明確な目的意識を持って人材育成に取り組まなければなりません。

「育てる」とは成長を支援すること

ビジネスにおける一人前とは、 業務遂行能力がある状態 を指します。業務遂行力とは、業務に関する技術や知識をはじめ、現状を把握する力や課題を見極める力、必要に応じて周囲の人に協力を求める力などが該当します。

上司が一から指導して育てていくことも可能ですが、より重要なのが、これら業務遂行能力を 自主的に習得できるよう、部下の成長を支援していくこと

どれだけ多くの時間を割いて技術や知識を教え込んだとしても、部下が自分で考えて行動に移し、その行動を振り返らなければ本当の成長には繋がらないのです。

部下が自ら考え、決断し、行動できるようになることを目的に、必要な支援を行い成長できる環境を構築してあげることが、管理者・マネージャーに求められる役割です。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む