close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

OJT

2020年4月15日(水)更新

OJTとは職場にて業務時間内に行われる実践的な人材育成方法です。指導者側も知識を深める機会として有益な時間を過ごすことのできるOJTは昔から多くの企業で扱われています。OJTの効果をより高めるため、OJTを扱う上での基本的知識から応用方法まで詳しく解説致します。

※OJTの基礎的な理解に関しましては「OJTとは?いまさら聞けないOJTの意味や基礎知識 」をご覧ください。

OJTの実施によって実現できること

OJT(On-the-Job Training)とは、実際の職務現場において、業務を通して上司や先輩社員が部下の指導を行う教育訓練のことをいいます。

現代社会における様々な要因により、OJTの必要性は日々高まっています。 OJTを実行する上で方向性を見失うことのないよう、なぜ全ての企業がOJTを取り入れる必要があるのかを正しく理解しておく必要があるでしょう。

スキルや技術の伝承

伝統的な技術を伝承する必要のある企業においては、先輩社員から後輩社員への知識や技術の引継ぎが欠かせません。 そしてその方法として、言葉で指導するのではなく熟練労働者の働く姿を見ることによって感覚的に学ぶ経験学習の形が多く取られてきました。

最近では即戦力化への期待から直接的な指導や教育によって技術を伝承する製造業や技術職も多くなりましたが、アプローチ方法が変わっただけでOJTの必要性に大きな変化はみられていません。 昔も今も変わらず、企業活動の質を維持するためにOJTは必要不可欠な存在なのです。

優秀な人材の余裕が更なる企業成長へと繋がる

OJTを活用することにより、OJT担当者と同じ価値観と視野、知識とスキルを持った人材を育成することができます。 企業規模の拡大や新規事業への挑戦には時間やお金だけでなく、素晴らしい能力を持った人材も数多く必要となりますが、OJTによって優秀な人材の増員に成功した企業の持つ選択肢は他企業に比べて多く、貴重なチャンスを逃がすことなく積極的にチャレンジすることが可能となるのです。

次世代リーダーの育成

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む