close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

OJTとは

2020年1月31日(金)更新

「OJT(On-The-Job Training)」とは、実際の職務現場において、業務を通して上司や先輩社員が部下の指導を行う、主に新入社員育成のための教育訓練のことをいいます。その歴史的背景を紐解いたうえで、現代社会における人材育成にこそ適した手法であるということについて、わかりやすく解説します。

~この記事でわかること~

  1. OJTの言葉の意味
  2. OJTを実施する目的とメリット
  3. Off-JTとの違いと、併用の重要性

OJTの計画方法や実行するための方法フローに関しては、以下の記事にてご紹介しております。具体的に実行を考えていらっしゃる方はこちらも併せてご覧ください。
【関連】OJTのやり方(計画~実行まで)とポイントを、失敗例も交えて解説 / BizHint

OJTの意味とは?

「OJT」とは、「On-The-Job Training」の略称で、 実際の職務現場において業務を通して行う教育訓練 のことをいいます。部下が職務を遂行していく上で必要な知識やスキルを、上司や先輩社員などの指導担当者が随時与えていく 人材育成方法のひとつ です。

OJTは、多くの企業が新入社員研修や社員教育の一環として積極的に活用しています。手軽に導入できますが、職務訓練として行うためには、単発的なアドバイスではなく、業務マニュアルや評価軸を設定して計画的に実施することが重要です。

【関連】人材育成とは?対象別の求められるスキルや育成方法、成功ポイントまでご紹介 / BizHint

OJTの歴史的背景

OJTという指導方法は、どのような経緯で発祥し、今日まで活用されるに至っているのでしょうか。その本質の理解をより深められるよう、OJTの歴史的背景を解説していきます。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む