close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

マネジメント研修

2020年2月19日(水)更新

マネジメント研修とは、主に管理職向けの研修を指し、組織マネジメントや部下の育成などに役立てます。近年の深刻な人材不足から管理職は多忙を極めており、管理職としての力不足や、部下が育たないなどの課題を抱える企業も増加。これらの理由により、いま管理職のスキルアップやマネジメント研修が注目を集めています。今回はマネジメント研修について、研修スタイル、実施目的、マネジメント層に必要なスキル。実施ポイントから内容の具体例、おすすめの研修会社までご紹介します。

マネジメント研修とは

そもそも「マネジメント(management)」とは、英語で「経営・管理・操縦」等の意味を持つ言葉で、一般的には「経営などの管理をすること/経営者・管理者」を指します。

今回ご紹介する「マネジメント研修」は、主にこれらの経営に関する管理を行う「管理職」向けの研修を指し、「管理職研修」「管理者研修」とも呼ばれます。管理職が身につけるべきスキルや知識を学び、実際の業務に役立てます

【関連】マネジメントの意味とは?ドラッカー理論から役割、仕事内容まで徹底解説/BizHint

マネジメント研修の種類

マネジメント研修には、対象者別に大きく2つのパターンがあります。これから管理職になる人に向けた「新任管理職研修」と、既に管理職である人に向けた「既存管理職研修」で、それぞれ目的や研修内容が異なります。

マネジメント研修のスタイルとメリット

一言でマネジメント研修と言っても、様々なスタイルがあります。

公開型研修(社外研修・セミナー)

まず、公開型研修です。「社外研修」や「セミナー」とも呼ばれ、研修会社が対象者や研修内容・場所や時間を指定して公開している研修に、社員を参加させるスタイルです。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む