close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材開発

2019年4月26日(金)更新

人材開発とは、企業が従業員に対して教育や研修を行い、企業の戦力となる人材を育成していくことです。最近、人材開発に力を入れる企業が増えてきています。本記事では、人材開発の目的や求められる理由をはじめ、人材育成をはじめとした人材開発部門に期待される役割、設計方法、ここ数年の人材開発の潮流や企業事例まで、徹底解説いたします。

人材開発とは

人材開発(じんざいかいはつ)とは、企業および組織に属するメンバーの能力を継続的に向上させることです。

企業が従業員に対して求める能力として「知識」「スキル」「態度」の3つの要素があり、企業はそれぞれの能力を付与するため、人的資産である従業員に対して教育や訓練などを行い、人材のパフォーマンス向上を目指します。企業が人材である従業員に対して行う、このような能力開発のための取り組みや考え方、しくみを総称して人材開発といいます。

知識、スキル、態度は一体化して付与することで効果が表れるものであり、3要素がバランスよく組み立てられたプログラムが成果を上げるための優れた内容であるとされます。企業の人材開発部門では、研修や講習、演習、実習、OJT、キャリア開発など、企業組織の形態により、さまざまな形や呼称で展開されています。

人材開発の目的

人材開発の目的は、企業戦略の実現につなげるために社員のビジネススキルや意欲の向上を図り、仕事の質を高めることにあります。

企業は社員に対し、教育や研修など能力向上の機会を与え、人材の育成を図ります。社員はスキルの向上により自信が持てるようになるだけでなく、昇進・昇給などの企業評価に結びつくこともになり、モチベーションアップにつながります。

その結果、企業は戦略の実現につながり、人材開発により企業と社員ともに成長していくことになります。

人材開発が求められる理由

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む