はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月21日(水)更新

エフィカシー

エフィカシーとは、自分の能力や効力を評価する「自己効力感」のこと。詳細と高め方について、本記事で解説していきます。

エフィカシー に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

エフィカシーとは

エフィカシーとは心理学でよく用いられる言葉であり、効力や有効性という意味があります。

人に関してこの語を用いる際、しばしば「セルフ・エフィカシー」と呼ばれます。これは自分の能力や効力を評価する「自己効力感」のことです。

自分自身の持っている能力をどれほど高く評価しているかを、このエフィカシーで表すことが出来ます。 似たような言葉には自尊心というものがあります。

しかし、自尊心とは自分自身の価値を認識する自己肯定感のことであり、行動やその後の結果に直接影響するものではありません。

エフィカシーは自分自身の価値だけではなく自分の持つ目標に向かって突き進み、より多くの結果を引き出すための能力が自分にはある、と信じることです。

そのため「根拠のない自分自身に対する自信」ともいえます。他人による評価は全く関係ありません。もちろん自分自身の事を冷静に見つめる客観性も必要です。

この点、エフィカシーの意味を勘違いする人が増えていますが、エフィカシーを高めることは傲慢になり虚栄心を持つこととは全く違います。

家庭内、恋愛、仕事、学業など日常生活の様々な場面でエフィカシーは大切な働きをしています。

「自分にはできない」「どうせ自分なんて」と評価してしまえば自分のできる行動範囲に自ら規制をかけ限界を定めてしまいますが、「わたしならもっとできる」「私には十分な能力がある」と自分自身を評価すれば自分の可能性を広げ、より多くの結果を出すことが出来るに違いありません。

エフィカシーのタイプ

エフィカシーと呼ばれる自己効力感には3つのタイプが存在します。

これらの自己効力感は、学生という身からはなたれ、社会に出て一つの会社の中で働く立場になった際、最も重要になってきます。

自分の限界をわきまえながらも社会的学業的な自己効力感を高めていくことが非常に重要です。

自己統制的自己効力感

このエフィカシーは、日常生活の中で最も重要なものといえます。自分の行動を制御するたえの自己効力感だからです。

つまり自分の能力を正しく認識し、自分の統制下にあるものなのか、それとも統制外にあるものなのかを素早く区別して物事の対処に当たる自己効力感の事を言っています。

社会的自己効力感

このエフィカシーは対人関係における自己効力感のことです。

つまり、自分が社会の中でどれほど上手に対人関係を築いていけるのかという自己評価のことです。

自分はコミュニケ―ション能力が高く、多くの人との対人関係を良好なものとできる、と考えていればより多くの人とのつながりをもち、様々な場面で結果を引き出すことでしょう。

学業的自己効力感

学校で受ける学習における自己効力感の事を学業的自己効力感と呼びます。このエフィカシーは特に学業に従事している小学生から大学生にとって大切な役割を持っています。成長段階に応じて自分にできないことが分かってくると自然に自己効力感は下がっていきますが、その中でも高い自己効力感を持っている人は多くの時間を学習に費やし、高い成績を収めることが調査により分かっています。

エフィカシーの効果(エフィカシーの高い人の利点)

エフィカシーが高ければどんな効果があるのでしょうか。「自分に自信がなく他人の目が気になって、不安だ」という悩みを聞かれたことはおありでしょうか。

これはまさにエフィカシーの低さが顕著に表れている例といえます。これが逆にエフィカシーが高い人であれば、「自分には目標を達成できるだけの能力がある、他の人の評価や基準は関係ない」という見方へと変わっていきます。

その結果エフィカシーが低い人より高い人の方が目標を達成しやすくなると言えるでしょう。

エフィカシーが高い人は目標に向かって行動する可能性が高まります。足を一歩踏み出す勇気が自然と出てくるわけですから、その後どんな失敗や困難に遭遇したとしてもエフィカシーの強さを持ってあきらめずに行動し続けることができます。

それだけではなく、自分にはできるという積極的な見方が結果の良し悪しに影響することもあります。

自身のエフィカシー状態を確認する方法と基準

自分自身のエフィカシーを確認するための基準があったらいいのに、と思われるかもしれません。

しかし、エフィカシーとは自分の価値基準を自分で自由に選択することが出来、そのうえで自分の評価をすることですから、他人の価値基準や一般的な基準は必要ありません。

自分にしかない特性的自己効力感尺度により自分次第でどこまででもエフィカシーを上げることは可能です。

エフィカシー状態を確認する方法をいくつか挙げたいと思います。

セルフトークの確認

自分自身のエフィカシーの状態を確認するためにセルフトークを客観的にみつめなおすことはとても役に立ちます。

セルフトークとは自分自身の脳の中でのみ、しているつぶやき、独り言のことです。人は一日約5万回ものセルフトークを行っています。

それら自分自身へのつぶやきが肯定的なものなのか否定的なものなのかを知ることがエフィカシーの状態を知ることにつながります。

自分が何を基準とし何に注意を向けているのかを見つめなおす機会ともなります。

自分の気持ちをコントロールしエフィカシーを高めていく上で重要な段階といえるでしょう。

他者へのつぶやきや発言を確認する

自分自身に対する見方が少しでも確認できれば、次は他者に対してのつぶやきを確認することができます。

他者に対して肯定的な発言ができているか、それとも自分自身と比べたり否定、批判の言葉をつぶやいたりしているかでエフィカシーの強さを測ることが出来るでしょう。

エフィカシーの高め方

エフィカシーを高めていくにはどのようなことが出来るでしょうか。いくつか有効な方法を挙げていきましょう。

セルフトークマネージメント

セルフトークの徹底的なマネージメントがエフィカシーを強めるための最大のステップと言えるかもしれません。

無意識のうちに行っている呼吸も意識的に効率を上げることが出来るようにセルフトークもコントロールすることができます。

大抵エフィカシーの低い人はネガティブなセルフトークばかり行っていることでしょう。後悔や挫折、逃げることなどセルフトークの中で繰り広げられるネガティブな発言を肯定的なものに変えていきましょう。

うまくいかなかったときには、その現実を引きずるのではなく、いったん受け止めて次はどうすればうまくいくだろう、と考えることがセルフトークマネージメントです。

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に日々置き換えていくことを習慣にし、セルフトークを意識的に上げることで客観的、積極的な見方が出来るようになりエフィカシーをあげることが出来るでしょう。

過去の自分にとらわれるのではなくこれからの自分の成長に自信を持つこと、高く評価してあげることが出来るようになるのです。

コーチングセッション

コーチを雇い、自分自身のエフィカシーを高めていくためにコーチングセッションを行ってもらうことも一つの方法です。コーチング理論で最も重要なのはゴールを見ることです。

どんなものでもよいのでゴールを設定しそれに向かって努力を続けていくことがコーチングセッションの主な目的です。

自分にはこんな目標は達成できない、と思うのではなくこの目標を私は絶対に達成する、自分にはできるという考え方に変えて行動し続けることができるようになればエフィカシーは上がっているといえます。

他の人から揺さぶりをかけてもらって自分への高い評価を編み出すこともエフィカシーをあげるために良い方法といえます。

成功経験を増やす

自己効力感を育てるためには、自分自身が体験した成功経験が最も大切です。人間は過去の経験や過去の自分から教訓を得ようとします。

そのため「これができたからこれもできるはずだ」という考え方が定着します。 小さい経験でも確実に成功し良い結果が出たという経験は、これからの大きな目標に向かって行動し自分のモチベーションを上げていくためにはどうしても必要です。

「自分はできる、能力がある」と評価するために過去の成功経験が判断材料となるでしょう。しかし、成功経験を増やすためには結果を生み出すまでの行動が必要です。

エフィカシーが低いままでは自分の限界を低く設定してしまいますが、自分なら成功できると信じて新たな課題に取り組んでいくとき、成功経験は増えていき、それと比例してエフィカシーも上がっていくことでしょう。

未来の記憶を作る

成功経験を積みエフィカシーを上げていくためには、未来の記憶を作ることが大切です。

過去の自分ではなく、未来の自分がどうなっていてほしいかをイメージしそれをもとに発言したり、セルフトークを構築したりするなら自分の中で未来の記憶を作り上げることが出来ます。

未来の自分が何を成し遂げてどんな結果を刈り取るのか、成功した時の状況や気持ちをリアルに思い描くことはエフィカシーを高めることに大きく貢献します。

未来側の記憶に臨場感があれば自然と行動へと促されます。自分ならできると考え、自分の可能性を広げることで未来の自分までがコンフォートゾーンと化すので動き始めることが出来るでしょう。

知識や情報を常に取り入れ続ける

自分にしかない良さや価値を認識し、能力や効力を評価するために専門知識や会社の情報を取り入れ続け、日々新たなものにすることは大切です。

そうすることで自分自身の能力を文字通り、成長させることが出来ます。知識と情報量の多さに比例して、「わたしは様々な地知識があるので設定したゴールまで行ける」という強い自信を持つことが出来ます。

知識や情報のアップデートに伴って目標も更新していくなら、さらに成功経験を増やしエフィカシーを高めることが出来るでしょう。

エフィカシーの高い人とのかかわりを持つ

他の人が目標を達成していく姿を見ることで「自分にもできるだろう」という根拠のない自信を積み立てていくことが出来ます。

同じような目標を持ち行動している人や実際に達成し成功している人とのコミュニティに入ることも一つの手段と言えるでしょう。

成功している人の状態を実際に見ることでモチベーションを高めることが出来ます。

エフィカシーの高い人たちに正しい方向性を示してもらうことで、「もし失敗したら」「自分にはきっと無理だ」と言ったネガティブな考えを一掃し安心して行動することが出来るようになります。

まとめ

エフィカシーの低さは、労働者のモチベーションの低下、ストレスへと直接影響します。幼いころから積み上げてきた統制的、社会的、学習的自己効力感は社会に出た時に大きく影響することでしょう。

自分にはできないというエフィカシーの低さが原因となって、せっかく採用した人材が会社の組織に定着してくれないという問題が増えてきています。

人事に関係するものとしてはエフィカシーの大切さをよく理解し、一人一人のエフィカシーの強さを上げていくうえでコミュニケーションの幅を広げていくことが必要でしょう。

状況によってはコーチングセッションを取り入れる必要もあることでしょう。 現在では職場に従事している人一人ひとりが自分自身の能力を高く評価し、社会に貢献していくことが求められています。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計90,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

戦略人事の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次