はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2019年4月9日(火)更新

中途採用 研修

中途採用社員への研修は企業の成長のためには必要不可欠です。中途採用社員は即戦力として期待される人材であり、自社に早く馴染んでもらう必要があります。具体的な研修期間や内容をこのページで解説します。

中途採用 研修 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

中途採用社員に研修が必要である3つの理由

企業の即戦力として注目されている人材である中途採用社員。 中途採用社員は、既に他社で社会人として働いています。そのため、中途採用社員への研修について「研修って必要なの?」「少し研修すれば良いのでは?」という人事担当者の方も多いのではないでしょうか。 しかし、実際には中途採用社員にも新卒採用社員同様、十分な研修をすることが必要不可欠です。 その理由を以下に見ていきます。

1.企業のミッション・経営理念の理解

既に他の企業で活躍し、社会経験者である中途採用社員。しかし、転職先の企業にとっては新入社員です。 それに加え、中途採用社員は、今まで異なる「ミッション」や「経営理念」の企業で働いてきています。 そのため、自社の「ミッション」や「経営理念」を研修で時間をかけて説明し、その違いを理解してもらう必要があります。この自社のミッションや経営理念を理解してもらうことが、中途採用社員が活躍する上で、大切なポイントになるのです。

2.業務、役割の理解

企業によって、社内でのルールや求められる能力が違ってきます。全く違う業界から入社してきた中途採用社員はもちろん、前職が同じ業界の社員でも必要な知識やスキルが違うことがあります。そうすると、業務がスムーズに進まず、中途採用社員の実力が発揮できないとう事態に陥ってしまいます。そのため、会社全体でなくても、部署単位で必要な知識やルールを補うような研修を行う必要があります。

3.社員同士の交流

中途採用社員は、入社後の数か月は新しい環境でストレスを感じています。 仕事に対する考え方や進め方の違い、新しい人間関係、プレッシャー、入社前のイメージと実際の業務とのギャップなど、職場や仕事に慣れるまで様々な焦りや戸惑いを感じているかもしれません。このような戸惑いやストレスを放置しておくと、本来の能力をなかなか発揮できなくなります。そのため、社員同士の交流を深め、環境やメンバーに早く馴染んでもらう必要があるのです。具体的には以下の3つが挙げられます。

ヨコのつながり

ヨコのつながりとは、同期や同僚とのコミュニケーションのことです。 中途採用社員の場合、同じ時期に入社した中途社員同士のコミュニケーションです。 同期とのコミュニケーションは、職場への帰属意識を高め、一体感を生み、組織を活性化させる効果があります。

タテのつながり

タテのつながりとは、配属部署の上司や部下とのコミュニケーションのことです。中途採用社員の場合、部署の部下になる場合はもちろん、いきなり上司という立場で配属されることもあります。 この場合、チーム内でのコミュニケーションが事業全体を大きく左右する可能性があります。

全体のつながり

全体のつながりとは、会社全体でのコミュニケーションのことです。 他部門とのつながり、異なる役職とのつながりを持つことで、会社全体の連携を強め、効率の良い企業活動が望めます。

中途採用社員への研修内容

中途採用社員の研修は主に2つあります。 「入社直後に行う研修」 と 「入社後の長期的な研修」 です。

入社直後の研修

「企業理解研修」

企業のミッションや経営理念は、新入社員の研修と同じように時間をかけて行う必要があります。

  1. 経営者や幹部による会社のミッションや経営理念、組織体制の説明
  2. 社内ルールなどの教育
  3. 自己紹介やメンバー紹介

上記3つが最初に求められる研修内容です。この研修でのポイントは、一方的に伝えるのではく、中途採用社員同士でグループワークなどで自ら議論させる場を設けることです。そうすることで、企業についての理解がより深まります。

例えば、スターバックスでは、企業理念やミッション、ビジョンが社員はもちろん、アルバイト全員に行き届いていることで有名です。その理由は、中途採用社員、アルバイト、新卒採用社員全員に研修に80時間かけてるからです。「人々の心を豊かに、そして活力あるものに」というミッションを全員が実現できるように、コーヒーの淹れ方を教わる前にミッションや会社の歴史について研修で学ぶのです。

【参考】離職率の低いスターバックスが従業員に徹底している5つのポイント - リクナビNEXTジャーナル

【関連】経営理念とは?その目的や策定方法、企業事例までご紹介 / BizHint HR
【関連】ミッション・ビジョンとは?用語解説から企業の例まで / BizHint HR

「実務研修」

新卒社員とは違い、社会経験があるのが中途採用社員です。 そのため、通常の新卒社員の研修にある、「ビジネスマナー」「電話対応の仕方」「接遇対応の仕方」「名刺の渡し方」などの社会人基礎力は備わっている場合がほとんどです。 必要なのは、より実際の業務に関連した実践的な研修です。これから担当する業務に必要な知識とスキルを明確にして、足りない部分を補うことが研修で求められます。

  1. 所属部署でのOJT研修
  2. 業務に必要な専門知識やスキル研修
  3. 所属部署以外の見学

上記3つが実践研修で求められる内容です。 その上で、一通り担当業務を行ってもらい、分からない点を洗い出してもらいます。そして、その分からない点に対して、上司が教えるということを繰り返し実践の中で行っていくことが大切です。

【関連】OJTの意味とは?計画~実行までのフロー、失敗例まで徹底解説 / BizHint HR

入社後の長期的な研修

フォローアップ研修

フォローアップ研修とは、下記4つを目的に行われる研修のことです。

  1. 現在の自分の状況を振り返る
  2. 基本姿勢や仕事の意味の再確認
  3. 仕事に対する不安・悩みの解消
  4. 会社の文化に慣れる

定期的に中途採用社員と面談を行い、困っていることや悩みを解決して業務に専念できるような体制を作ります。 そうすることで、自社に早く慣れてもらい実力を発揮できる環境を生み出すことができます。 また、同期(同じ中途入社社員・転職者)との交流・部署内での交流、そして会社全体での交流を深めるために イベントや交流会を定期的に開催することが望ましいとされています。

【関連】フォローアップ研修とは?目的・対象者やタイミング・実施内容例や研修会社までご紹介 / BizHint HR

研修期間

中途採用社員の研修期間についても「入社直後」と「入社後」の2通りあります。

入社直後の研修期間

中途採用者・転職者の入社直後の研修は、約1週間程度が目安とされています。一般的に中途入社社員は、新卒入社社員と違い、基本的なビジネスマナーや社会人基礎力は多くの場合備わっています。そのため、短期間で会社や業務について研修で伝えます。

入社後の研修期間

入社後のフォローアップ研修は、特に決まった期間はありません。 中途採用社員が何か困ったことがある限り、定期的に行う必要があります。この入社後の研修が、中途入社の社員を即戦力として活躍させる大事なポイントです。

まとめ

  • 中途採用社員は社会人経験があるといえども会社にとっては新入社員です。即戦力として力を発揮してもらうためには、中途採用の社員にも十分な研修を行い、自社でキャリアを築いてもらう必要があります。
  • 入社直後は、「企業研修」「実践研修」、入社後は「フォローアップ研修」を効率的に行うことが、中途採用社員に力を発揮してもらうためは大切なポイントになります。これらを意識して、中途採用社員にも積極的に研修を取り入れていきましょう。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計190,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

中途採用 研修の関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

人材育成の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次