close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第26回 中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】

ミスを「恥」と考える日本人 あなたは「自分の失敗」をネタにスタッフを指導できますか?

Logo markBizHint 編集部 2020年1月14日(火)掲載
メインビジュアル

2019年2月「ワールド・レストラン・アワーズ2019」の「今年の新店」部門にて世界一を獲得した「INUA」。チーフシェフのトーマス・フレベルさんはドラマ『グランメゾン東京』の料理監修を務めたことでも知られます。後編では、多様なバックグラウンドを持つスタッフたちを育てている注目のチームシェフにリーダーやコーチの育て方を聞きました。日本のリーダーはミスを「恥」と考えているので、ミスを言わないし認めない。そんな考えをどう解きほぐしていけばよいのでしょうか。

メインビジュアル

INUA(イヌア)

チーフシェフ トーマス・フレベルさん

1983年生まれ、36歳。ドイツ・マクデブルク出身。イギリスの雑誌『Restaurant』が選ぶ「The World’s 50 Best Restaurants」(世界のベストレストラン50)で4度世界第一位を獲得した伝説的レストラン、デンマーク・コペンハーゲンの「noma(ノーマ)」へ2009年に入店し、研究開発のトップとして活躍。東京、シドニー、メキシコでのポップアップ店舗でも腕をふるい、エグゼクティブシェフ レネ・レゼピ氏の右腕としてnomaをリード。2018年6月に開業したレストランINUAのヘッドシェフに就任。2019年2月「ワールド・レストラン・アワーズ2019」〈今年の新店〉部門にてINUAとして世界一を獲得。2019年10月20日より放送されたTBS日曜劇場『グランメゾン東京』の料理監修を務める。11月発表の『ミシュランガイド東京2020』に掲載され二つ星の評価を得ている。


前編のまとめ

  • 「世界のベストレストラン50」で4度世界第一位を獲得した伝説的レストラン、デンマーク・コペンハーゲンの「noma」。この有名レストラン出身のシェフがヘッドを務める東京のレストランには、ここで働きたいという料理人たちが世界中から集まってきている。
  • お客様のみならず、働くスタッフも大事にしている職場環境では、週4日勤務体制を実現。
  • 週4日の勤務体制ができたのは分業ではなく、メンバーがすべての仕事をこなせるから。
  • 他人のミスを見逃すのは自分のミスと同じ。放置すれば「悪い状況」は変わらない。
  • 批評する側は、次は批評される側に……役割・立場を固定しないことで視野が広がる。

日本のリーダーはミスを「恥」と考えているので、「言わない」「認めない」

中竹竜二さん(以下、中竹): さて、後編ではまず「ミスを恥と考える文化」について、話をしたいと思います。前編で「人のミスを指摘しないままにしているのは、自分のミスと同じ。スルーしては悪い状況が変わらない」とおっしゃいました。そうした職場文化を構築するために、少人数グループによるプロジェクトを実施、レビューする機会を設け、お互い厳しく批評し合っていると。

仮に、フレベルさん自身が何かを間違えたとしても、「その指摘は喜んで受けている。チームにとっては大事な学習の機会になっているのだから」とも言っていました。私も同感です。しかし、日本には昔から「間違いを恥じる」文化があります。特にリーダーの立場の人が積極的に自分のミスをオープンにすることに抵抗があります。この点についてどう思いますか。

トーマス・フレベルさん(以下、フレベル): 確かに 個人の「間違い」は、その人にとっては大きな問題かもしれません。しかし、 ほかの人にとっては恥ではなく、成長の機会、役に立つものです。 なので、私がミスを犯したとしても「間違いがあった」と言います。その方が自分自身に正直でいられますし、スタッフたちに対しても正直な行動だからです。もし、あなたが間違いを認めて正直に「間違えた」と言えば、あなたは尊敬されます。それに、スタッフも「誰だって、間違いはするもの。ミスを犯すのは我々人間にとってごく自然なこと」ということも理解してくれます。

ミスを公言し、どう対処するか身をもって教えられるか

フレベル: ミスを公言した方がいいもう1つの理由は、仮に私が間違えたとしても、「この間違いに対して、どう対処するのか」をスタッフに具体的に見せてあげられるからです。「みんな、これは間違いだった」「理由はこうだ」「だから二度と同じ間違いをしないためには、こうしようと思う」と伝える。これこそが、ミスが二度と起こらないようにする方法です。一度や二度失敗するのはいい。だけど何度も何度も同じミスが起きることは避けるべきです。

バックナンバー (26)

中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】

  1. 第26回 ミスを「恥」と考える日本人 あなたは「自分の失敗」をネタにスタッフを指導できますか?
  2. 第25回 世界の料理人たちが集まり働く東京の「ミシュラン二つ星」レストラン 週休3日制を実現するプロフェッショナル・チームの作り方
  3. 第24回 【プロレスとラグビーから見えた勝てる組織】新日本プロレス・メイ社長とラグビー中竹さんが語る、ファンを作る「スポーツビジネス」
  4. 第23回 売上5倍の復活劇、新日本プロレスが狙ったのは女性とファミリー層!?
  5. 第22回 自律型組織はタイヘン。自由闊達に動けるのは一生懸命話し合っているから【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(後編)】
  6. 第21回 「クルマではなく、植物を育てるように人に向き合う」逆三角形(▽)型の組織づくり 【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(前編)】
  7. 第20回 代ゼミ・高宮共同代表と語る「潜在的な能力を引き出す方法とは」
  8. 第19回 代ゼミ・高宮共同代表が語る、「教育改革」で本当に身につけたい力とは?
  9. 第18回 「自分とは違う見方を知ること」が世界を広げる【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  10. 第17回 専門家たちを集い、患者・家族を救う――在宅医療は究極のチームビルディング【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  11. 第16回 人を「やる気」にさせることは難しいが、「やる気」にさせる機会づくりはできる【森下仁丹・駒村社長】
  12. 第15回 脳みそパッカ~ン!グループでアイデアを生み出そう ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  13. 第14回 「サービスはワールドワイド、開発はホラクラシー」 ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  14. 第13回 目先の損得は判断を誤る、長期的な視点こそが正解に辿り着ける レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  15. 第12回 「この会社では自由になんでもやっていいよ」究極の放任主義でもプロが育つ! レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  16. 第11回 「強いチームは、試合の結果よりも選手の戦う姿勢を評価する」 千葉ジェッツ島田社長がたどり着いたトップチームの作り方
  17. 第10回 「活動理念」をつくったから、クラブは強くなりました 千葉ジェッツ島田慎二社長が語る「トップチームの作り方」
  18. 第9回 「成長したい」という若者、「挑戦する」中間管理職を支援。小田急電鉄の星野社長が問いかける「働き方改革」 
  19. 第8回 あなたはワクワクしていますか? 小田急電鉄の星野社長が問い掛ける「働き方改革」
  20. 第7回 ファミリーマート・澤田社長 先輩たちから学んだ「冷静な合理性」と「熱い情熱」
  21. 第6回 ファミリーマート・澤田社長が考える「リーダーの2つの仕事」
  22. 第5回 日本人が本番に弱いワケ メガネスーパー社長と語る「リーダー論」
  23. 第4回 再生請負人・メガネスーパー社長が語る “負け癖”がついている社員たちを蘇らせる方法
  24. 第3回 パナソニック「粘り強く諦めない」文化を大事に-スポーツもビジネスも失敗から学び続ける姿勢がある人は強い
  25. 第2回 「敗戦」を経験し「自前主義」「完璧主義」を捨てたパナソニック-イノベーションを巻き起こすため技術トップが決断した3つのこと
  26. 第1回 強い組織をつくるために今求められる、新しいリーダーシップとは【日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社チームボックス中竹竜二さん】

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})