close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

新人教育

2020年2月10日(月)更新

昨今、ビジネスをとりまく急激な変化や人材不足に加え、新卒や若手社員の離職問題が深刻化するなか、新人教育の重要性が高まっています。コストをかけて採用した新入社員にビジネスの基礎を教育するのはもとより、様々な変化に対応できるマインドとスキルを持つ重要な戦力化としての役割も新人教育に求められています。本記事では、新人教育を行う際に必要な心構えから、成功のポイント、指導法や進め方まで徹底解説いたします。

新人教育における心構え

いつの時代も、上司や先輩から見て、新人は「理解できない」存在であることに変わりありません。一方、新人は「仕事で成果を出したい」「会社の期待に応えたい」「仕事を通して成長したい」という気持ちを持って入社しています。

企業と新人双方がWin-Winになるために、どのような心構えで新人教育に臨めばよいのでしょうか?

新人と向き合うときの心構え

新人とのコミュニケーションや、相談を受けたときなどポイントとしては、以下が挙げられます。

  • 新人は自分と異なる価値観を持つ人であると認識する
  • 新人の気持ちに共感を示しつつも、社会人としての在り方について理解していない場合は丁寧に教える
  • 相手がビジネスで重要な対面コミュニケーションが苦手な場合、相手の意見を聞いて理解した上で自分の意見を伝えるという基本が身につくよう、意識してコミュニケーションを行う

そのほか、新人が自分で行動を起こすサポートとして、会社が求める姿と新人がありたい姿を一緒に棚卸しすることも有効です。

その姿になるための必要なマインドやスキルを明らかにし、必要な行動を具体化していきます。

指導するときの心構え

新人に対して教育や指導をするときは、以下のようなポイントに気をつけましょう。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む