close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

サクセッションプラン

2018年10月26日(金)更新

サクセッションプランとは、重要ポストの後継者候補を確保し、次世代リーダーとして育成する事を目的とした後継者育成計画です。日本の多くの企業が抱えている後継者不在の現状を打破するだけでなく、企業の更なる飛躍を目指すために欠かすことの出来ないサクセッションプランについて分かりやすく解説していきます。

目次

サクセッションプランとは

サクセッションプランとは、従来の後任登用と似た役割を持ちながら大きく異なる性質を持つ後継者確保および人材育成プログラムです。

サクセッションプランという言葉が生まれた当初は後継者の見極めや育成計画という意味でのみ扱われていましたが、最近では後継者不在状態などのリスク回避を目的とした人材プールを行うための施策としても扱われるようになってきました。

サクセッションプランの特徴

サクセッションプランには経営陣の関与が高く、経営幹部全員を対象としているという大きな特徴があります。

人事部より経営陣の関与が高い

通常の人事異動などの場合には人事部が中心となって人選や異動先の決定を行いますが、サクセッションプランでは経営や業績に直結するポストの後任者を選び出すという性質から創業者の企業に込めた想いや今後の方針の再確認が非常に重要となるため、経営陣を中心に結成された指名諮問委員会や取締役会での話し合いによって大きな舵取りが行われることとなります。

経営トップだけではなく経営幹部も対象としている

サクセッションプランの対象者は会長や社長、CEO(Chief Executive Officer=最高経営責任者)などの経営トップだけではなく、COO(Chief Operations Officer=最高執行責任者)やCFO(Chief Financial Officer =最高財務責任者)、CIO(Chief Information Officer =最高情報責任者)などの経営幹部も対象としています。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む