close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

フォローアップ研修

2018年10月23日(火)更新

フォローアップ研修は、研修終了後、一定期間が経過した後、再度受講者が集められて開催される研修を指します。主な内容としては、最初の研修以降の振り返りを行ったり、現時点で必要なスキルや知識を身につけたり、今後の課題を抽出、そして目標設定などを行います。今回は、このフォローアップ研修についてご紹介します。

1.フォローアップ研修とは

そもそも「follow up(フォローアップ)」とは、「追跡、追求・追跡調査、事後点検」等の意味を持つ英語で、一般的には「ある事柄を徹底させるために、あとあとまでよく面倒をみたり、追跡調査をしたりすること」という意味で用いられます。

フォローアップ研修は、研修終了後に一定の期間が経過した後、再度その研修の受講者が集められ開催される研修です。主な内容としては、最初の研修以降の振り返りを行ったり、現時点で必要なスキルや知識を身につけたり、今後の課題を抽出し目標設定などを行います。

【出典】weblio和英辞典・英和辞典「follow up」
【出典】コトバンク「フォローアップ」

2.フォローアップ研修の対象者

それでは、フォローアップ研修はどのような対象者に向けて実施されるのでしょうか。

新入社員

「フォローアップ研修」と呼ばれる研修は、新入社員を対象に実施されるケースがほとんどであると言われています。新入社員研修を終えた後、一定期間を置いてから再度同期で集まり、振り返り等を実施します。その際、トレーナー(先輩社員)が同席する場合もあります。

【関連】新入社員研修の目的とは?内容一例や企業事例、研修会社もご紹介 / BizHint HR

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む