close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

社員教育

2020年1月14日(火)更新

企業や社会の一員として必要な知識や規範、考え方を共有し、業務遂行に必要な知識やスキルを習得させるために欠かせない社員教育ですが、労働人口の減少などの理由から近年その重要性が更に高まっています。当記事では、社員教育を効果的に実施するために必要な情報を、目的や必要性、方法とポイント、実施タイミングとカリキュラム例、社員教育計画の立て方、企業事例などの項目に整理して分かりやすく解説します。

~この記事でわかること~

  1. 社員教育に関する基礎知識と具体的な手法
  2. 社員教育計画の立案に必要なステップと押さえるべきポイント
  3. 社員教育を効果的に実施している4社の事例

社員教育の目的と必要性とは

社員教育とは、企業が社員に対して提供する教育の総称です。「社員教育=集合研修」と捉えられがちですが、OJTや面談、e-ラーニング、推薦図書の配布、資格取得の支援なども全て社員教育に含まれます。

社員教育は、明確な目的意識を持って実施しなければ正しい効果を得ることができません。まずは、社員教育を行う目的や必要性について学びましょう。

社員教育を行う目的

社員教育を実施する目的は、大きく以下の2つに集約することができます。

  1. 共通認識の構築
    社会の一員として必要な知識や規範・考え方、企業の理念や経営方針、行動指針などを共有・浸透させることで共通の認識を構築する
  2. 人材育成による業績向上
    知識やスキルなど学びを得られる機会や環境を提供し、人材育成を通じて業績向上を実現させる

社員教育で得られる効果

社員教育の実施により、次のような効果を得ることができます。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む